Soichi TeradaとShinichiro Yokotaによる19年ぶりのライブセッションがKWELのオープンエアーパーティーで実現

これまでVakula、Hunee、Tom Tragoを招聘してきた東京のパーティークルーKWELが9月29日(土)に夢の島のMARINA&GRILLで初のオープンエアーパーティーを開催する。

ヘッドライナーには、国内のハウスシーの黎明期であった1988年に Far East Recordingを設立した Soichi Teradaと Shinichiro Yokotaが出演。

2015年に名門Rush Hour からリリースした『Sounds From The Far East 』で再び注目を浴び、現在では国内外の様々なフェスなどにも出演する2人が、この日のパーティーで19年の時を経て 2人のライブパフォーマンスが実現する。

またKWELのレジデントであるKnock、 EITA、 Frankie $に加え、若手世代で頭角を現しているB-LIB CREWが登場する。

そしてアートワークははサンフランシスコ在住のアーティストAkari Uragami が担当し、サウンドシステムはTaguchiを迎え、装飾はフラワーアーティストの志村大介がデコレーションを施す。

またチケットは前売りで限定250枚の発売で、売り切れた場合当日の販売はしない予定だ。8月8日(水)より50枚限定の早割チケットをResident Advisor限定で発売、一般販売はRAとLivepocketにて8月15日(水)より開始する。

Info

929 フルラインナップ_180806_0001

KEWL - Open Air Playhouse -

DATE : 9/29 (SAT)

OPEN : 14:00

CLOSE: 21:00

EARLY BIRD: ¥2,500 *Limited to 50 tickets

ADVANCED TICKET:¥3,000 *Limited to 200 tickets

ADDRESS: 〒136-0081 東京都江東区夢の島3-2-1 2F

LINE-UP

Soichi Terada × Shinichiro Yokota (Live)

Knock

EITA

Frankie $

B-LIB CREW

EVENT PAGE

Facebook: https://www.facebook.com/events/2062183154036251/

Resident Advisor: https://www.residentadvisor.net/events/1140699

TICKETS

Live Pocket: https://t.livepocket.jp/e/kewlopenairplayhouse

RA: https://www.residentadvisor.net/events/1140699

RELATED

Innershadesの来日イベントに横田信一郎が出演

ドイツ語で「新しい何か」を意味するイベント『etwas Neues』が7/13(金)に東京・中目黒のsolfaにて開催される。

日本のハウスミュージックのパイオニア寺田創一とShinichiro YokotaによるレクチャーがTHE STAR FESTIVALで開催

明日5/19に京都・スチール®の森でMathew JohnsonやAxel Bomanなどを迎えて開催される、ダンスミュージックフェス『THE STAR FESTIVAL』で、日本のハウスミュージックのパイオニアの寺田創一とShinichiro Yokotaによるレクチャーが開催されることになった。

ソナーフェスティバルが25周年を祝してAutechreやNina Kraviz、寺田創一の楽曲を使ってエイリアンとのコミュニケーションを試みる

ヨーロッパの歴史ある音楽フェスで、日本でも開催されてきたソナーフェスティバルが、2019年に25周年を迎えるにあたり、壮大な企画が進行中だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。