ベストサマーチューン 2018 Selected by Sampling Love

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』が今年も帰ってきました。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ブログとTwitterで国内外のプロアマ問わずの音楽情報から、アート、生活情報のポストまでを行っているSampling Loveによる今夏の1曲は?

小袋成彬 - "Summer Reminds Me"

 

コメント

私の地元でも、毎日気温が40度付近まで上がり異例の暑さとなっておりますが(8月3日現在)、私はと言いますと、平日は会社の行き帰りとアイス(パピコ)をコンビニに買いに行く以外は一切外に出ませんので、特に暑さにやられているということはないのですが、冬から続く社内の派閥争いの激化により、無所属とはいえその巻き添えを思いっきり食らいまして、どんどん肩身が狭い位置に追いやられており、色々と忘れられないダルい思い出が量産されております。

そんな私とは正反対に、現在人気フェスへの出演なども果たしノリにノッております、今年の顔とも言うべき小袋成彬さんのアルバム『分離派の夏』収録の"Summer Reminds Me"をこの夏よく聴いております。

疲弊したやる気の出ない毎日にピッタリなBPM56という遅さ、ヒップホップ以降といった感じの太くてスッカスカでハット無しの抜けの良いつんのめったドラム、涼しいファルセットボーカル、「世界は僕を待ってないと知る」という今の私のためにあるようなまあまあ後ろ向きな始まりの歌詞という、負け犬のための夏用音楽の条件を満たしており、まだまだお世話になりそうです。

Sampling Love

sl_photo

音楽業界とは無縁の職場にて労働する傍ら、ブログ更新とTwitter活動を続けており、国内外のプロアマ問わずの音楽情報から、アート、生活情報のポストまで、日々ほどほどに取り組んでおります。

http://samplinglove.blog94.fc2.com

RELATED

ベストサマーチューン 2018 Selected by Daichi Yamamoto

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ベストサマーチューン 2018 Selected by Cosmopolyphonic

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ベストサマーチューン 2018 Selected by UMMMI.

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。