6ix9ineがYGを更に挑発 | YGは「会える日が待ちきれない」と応答

ここ最近はChief Keefを始めとするシカゴ勢との抗争がメインとなっていた6ix9ineだが、今年の3月頃に始まり、しばらく落ち着いていたかのように見えたYGとのビーフが再燃しているようだ。

最新作『Stay Dangerous』をリリースしたYGは、LAのラジオ局REAL 92.3に登場。アルバムの中の楽曲”Suu Whoop”が6ix9ineへのディスであると噂されている(「俺はピンク髪のブラッド野郎とは違う」というラインが含まれている)ことについて尋ねられ、「気にしてねえよ。あいつはただのガキだからな」とコメントした。

また、今週の水曜日にはビーフの発端となった人気番組「Breakfast Club」にも出演し、「あいつについて話すためにこの番組に出てるんじゃないけど、言いたいことは全部”Suu Whoop”で言ってる。思ったことを全部言ってやったんだ、悪いか?あのガキはマジでやりすぎだから、俺が言ってやらなきゃと思ったんだ。それだけだよ」と、6ix9ineをディスしたことを認めている。

もちろん6ix9ineはYGのコメントに対してすぐに反応し、「ここまでのディスを俺は知らねえよ。YG、俺のあれをしゃぶりやがれ」というかなりの暴言で応戦。「お前がアルバムの前に出したシングルは四人もメジャーアーティストを呼んでるよな。2 Chainz、Big Sean、Nicki Minaj。それでも、俺の曲がどんなにお前より良いか分かるよな?お前はクソだ。自分のアルバムをラジオで俺の名前を使って宣伝するのをやめろ、偽物が」と、YGがアルバムのプロモーションに自分を利用していることを指摘し、楽曲への批判を行なっている。

ビデオの最後で彼はYGの2010年のデビューシングル”Toot and Boot It”をプレイし、ダンスをしながら「お前の曲これしか知らねえよ。最初に聴いたとき、2004年の曲かと思った」と得意の煽りを披露した。

これを受けたYGは、自身のInstagramにて一言「俺たちが会える日を待ちきれないよ」と述べている。

CANT WAIT TILL WE MEET @6ix9ine

STAY DANGEROUSさん(@yg)がシェアした投稿 -

6ix9ineは現在あまりにも多くのビーフを抱え込んでいるが、YGとのビーフもこれから更に燃え上がっていきそうだ。これだけ敵を作り続ける彼が無事で済むのかどうか、改めて心配なところである。

RELATED

6ix9ineがYoung Chopを「ビートメイクを勉強するために大学へ行っていた」と煽る

数多のビーフを抱え、相手を徹底的に煽り倒すスタイルで知られている6ix9jne。ここ最近は慈善活動を積極的に行なっている様子などポジティブなニュースが多く伝えられていたが、以前より続いているChief Keefとのビーフが再び勢いを増しているようだ。

6ix9ineが脳腫瘍のファンの少年に会いに行き家族の1年分の家賃を寄付

6ix9ineといえば多くの問題行動や複数のラッパーたちとのビーフでお騒がせラッパーとして知られているが、慈善活動を積極的に行うという意外な一面も持ち合わせている。以前はシカゴ出身のChief Keefを挑発する目的でシカゴのホームレスに食料を支給していたことをFNMNLでも報じたが、そんな彼が今回、難病を抱えたファンの少年に会いに行ったようだ。

6ix9ineがライブを開催予定の大学の学生から中止を求められる

性犯罪疑惑をはじめ、YGや他のラッパーへの攻撃など物議を醸す行動を続けるラッパーの6ix9ineには、当然のように多くの批判が集まっている。しかし彼のマネージャーは、「6ix9ineは単に言論の自由を行使しているだけ」と彼の問題発言を容認する姿勢を示しており、彼の行動の方向性は今後も変わらないものとみられている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。