ベストサマーチューン 2018 Selected by ISSUGI

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』が今年も帰ってきました。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

東京出身のラッパー・ビートメイカーでこれまでに多くの作品をリリース。今年はBESとのコラボ作や『THE STORY OF 7INCTREE -TREE & CHAMBR - 』をリリースするISSUGIの夏の1曲。

Buddy - "Trouble On Central"

コメント

KID FRESINOに教えてもらったアーティストで、自分の好きな曲のMVが最近アップされてたんでこの曲にしました。涼しそうな曲なんですけど、リリックは街の葛藤を感じさせる所が好きです。Nate doggじゃないけど少しそういうニュアンスを感じました。

告知

P1

8/18に『THE STORY OF 7INCTREE -TREE & CHAMBR - 』というアルバムをリリースするのでよろしくす。
あと同じ日なんすけど、8/18(土)に福岡のSTAND BOP で『BES & ISSUGI "VIRIDIAN SHOOT" /
BUDAMUNK "MOVIN SCENT"』のダブルリリースパーティがあるので遊びにきて欲しいっす。

0818flyer P1 RGB

それと、自分のホームページが出来たのでそれもcheckしてみて欲しいです。
http://issugi.tokyo

ISSUGI

eZfcm7cQ

東京出身のRapper/Beatmaker 。中学の頃に出会ったskate boardの影響からHIPHOPを聴き始め、15、16歳くらいから自身もLyricを書くようになり曲を作り始める。その後16FLIP名義でBeat makeもするようになった。MONJU (ISSUGI / Mr.Pug / 仙人掌)、SICKTEAM (5lack / ISSUGI / Budamunk)としても活動し、ソロを含めこれまでに複数のALBUMをリリース。

RELATED

BESとISSUGIによるジョイント作『VIRIDIAN SHOOT』のリミックス&インスト盤のトレイラーが公開

BESとISSUGIという国内のヒップホップシーンにおける猛者2人によるジョイント作『VIRIDIAN SHOOT』のリミックスとインストが収録された『VIRIDIAN SHOOT - Remix & Instrumentals』が明日リリースするのに先立ちトレイラーが公開となった。 ...

1 of 2018 Selected by ISSUGI

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらおうというもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

BESとISSUGIのジョイントアルバム『VIRIDIAN SHOOT』にリミックスやインストに新曲まで加えたスペシャルエディションが登場

今年2月にBESとISSUGIがリリースしたジョイントアルバム『VIRIDIAN SHOOT』。5月にはCARHARTT WIPのサポートによるリリース・パーティを開催、全国約20箇所にも及ぶライブツアーを周る中、森田貴宏とのコラボによるムービーの制作も行われるなど、いまだ熱の冷めない同作から新たなるプロジェクトのリリースが決定。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。