【ダンスホール特集 Pt.2】越境するリディムサウンド with 『TRNS-』

Drakeなどが積極的に楽曲にも取り上げたことで、アメリカのヒップホップシーンでもここ数年で度々ピックアップされるキーワード「ダンスホール」。特に夏はトロピカルなダンスホールフレイバーをまとった楽曲がアメリカだけではなく、本国ジャマイカはもちろんアフロビーツと融合してイギリスでも大きなムーブメントとなっている。

地球温暖化も相まってなのか、世界ダンスホール化が進む昨今の状況を紹介するためにFNMNLでミニ特集を敢行。

8/17(金)に開催されるパーティー『RIDDIM GOLD』の出演者をフィーチャーした第一弾に続き、第二弾はYousuke Yukimatsu主催の「越境」パーティー『TRNS-』に出演する1TA、LIL MOFO、Mars89、そして主催者のYousuke Yukimatsuによる20曲をお届け。

Info

[FLYER] 8.10 TRNS #Dancehall

TRNS- #Dancehall
2018/08/10 fri at WWWβ
ADV ¥1,000 @RA / DOOR ¥1,500 / U23 ¥1,000

Yousuke Yukimatsu
1TA [Bim One Production]
LIL MOFO
Mars89 [南蛮渡来]

Yousuke Yukimatsuの5曲

1 Yousuke Yukimatsu

1. Swing Ting - "Free Up Your Mind ft. Alexx A-Game"

コメント

最高。

2. Clara! y Maoupa - "El Ratón"

コメント

Low Jackが絡んでるところは、要チェックや!

3. Miss Red - "Shock Out"

コメント

The Bugも絶好調。新レーベル立ち上げてBurialとの共作に続いてMiss Redをがっちりサポート。

4. Still - "Bubbling Ambessa(Afrikan Messiah Riddim)" 

コメント

PANからもダンスホール。

5. Low Jack - "Ice Formula Riddim"

コメント

BFDM 3周年記念12" L.I.E.S.とのダブルネーム。全曲かっこいいがダンスホールとなるとこれ。

1TAの5曲

2 1TA

1. Vybz Kartel - "Under Water"

コメント

ジャマイカのダンスホールのチャートに食い込む曲はまだまだ侮れない。”ダンスホール”ってジャンル名の強さ。2018年夏ビッグチューンのひとつ。

2. DeeWunn featuring Marcy Chin feat. Marcy Chin - "Mek It Bunx Up"

コメント

Sly & Robbieが生みだした名リズム”Bam Bam/Murder She Wrote”はその後のレゲトンやDem Bowなどのカリブの音楽に多大な影響を与えました。狂気のダンスホール集団Ward21周辺のプロダクトによる、最新型Bam Bam。最強。

3. Suku Ward - "Deep Voice God"

コメント

世のすべてのボーカリストの中でも最も低い声を出してるんじゃないかと思う、Sukuのソロ作。脈々とレゲエ史に続くキラーという概念を現代ダンスホールに落とし込めれる貴重なアーティスト。トラックメーカーとしても天才。最強。

4. Zap Mama ft. Erykah Badu - "Bandy Bandy (Carl Craig Remix)"

コメント

2004年頃のリリースで、レゲエ/ダンスホール畑ではないところのプロダクションですが、テクノ巨匠Carl Craigが明らかにダンスホールを意識したトラックに仕上げた異色リミックス。当時から好きで僕の中でミュータントダンスホールNo.1の一曲。

5. Alter Echo & E3 - "No Fire"

コメント

ブリストル発のダンスホール+アブストラクトなレーベルより。E3は7インチレーベルで一旗上げているZam ZamのEzra E Ereksonのこと。シンプルながらキラーな感触、ダブワイズ。尖ってます。

LIL MOFOによる5曲

3 LIL MOFO

1. Shenseea - "Instruction"

コメント

正直ぐっとくる新譜が少ない2018年ですごく悩みました。女の子に限定してなんとか5曲にまとめた。とりあえず正統派の未来を担うShenseea様のブランニューをお楽しみください。

2. Jada Kingdom - "Banana"

コメント

ダンスホール・ファンには物足りないかもしれないけど、Drakeやアフロビーツを経たダンスホール・ポップス?の最新注目株。ぜんぶいい曲だから他のMVもぜひチェックしてみて。

3. Alicai Harley - "Naah Done"

コメント

UK勢ならこの人が好き。心に響く名曲"Gold"は記憶に残っている人も多いのでは。

4. Sevana - "Sometime Love"

コメント

抜群の歌唱!!Sevanaさんの最新チューン。"Bit Too Shy"を超える名曲は産まれるのでしょうか。期待!!

5. Spice - "Tick Tak"

コメント

貫禄の女王様!!感動のMV。なんか泣きました。全体的にさっぱりした印象の2018年。
来年はもっとエグいヒット・リディムが産まれますように・・!!

Mars89の5曲

4 Mars89

1. Low Jack - "Look Out Riddim"

コメント

ブリストルのBokeh VersionsからリリースされたScrewed Dancehall mix tapeに収録されてた曲。Screwedってのもあって質感が超好み。後半のどんどん怪しくなる感じが最高?

2. Duppy Gun - "LOVE DI PEOPLE (hanali Remix)"

コメント

Duppy Gun×Gorge.inのRemix EPに収録の曲。元の曲もなかなか変なトラックでいいけど、荒々しいトラックになったGorge remixもパワフルで良い。このEPは他の曲もめっちゃかっこいいから要チェック?

3. STILL - "Don’t Stop (Wondo Riddim)"

コメント

Errorsmithのアルバム『Superlative Fatigue』のちょっと前にPANから出た曲。
収録のアルバムも全体的にNew Waveっ気とDancehallっ気がいい感じにmixされてて楽しい。
なんとなくキャッチー?

4. Alter Echo & E3 - "Call Mi Name"

コメント

いい感じのダンスホールやダブばかりリリースしているOssiaのレーベルLAVA LAVAからの曲。
こういう感じのLo-Fi?ストリート感?生々しさ?みたいなのがある質感の曲が今の気分?

5. Errorsmith ‎- "Retired Low-level Internal Server"

コメント

リリースは去年だけどまだまだ新鮮。間違いなくここ最近で一番ふざけたDancehall。
Errorsmithのジャンルのルールみたいなのをぐちゃぐちゃに遊んで謎のミュータントを作り上げるスタイルは本当に最高?

RELATED

『WWW NEW YEAR PARTY 2019』で開催される『上東』のラインナップが発表

WWW、WWW Xのニューイヤーパーティの追加ラインナップとして、WWWβフロアの詳細が明らかになった。上海ALLとのシリーズの交換プログラム『上東』として開催される今回も、第2回のHYPH1EEとSCINTIIを招いた前回同様にアジアの音楽特集として最新号『Flood of Sounds from...

今月の25曲 | 2018年11月編 Selected by stttr、高橋アフィ、CH.0、鳥居真道、Lil Mofo

FNMNLで様々な形で音楽に携わるレビュアー陣が、その月に聴いた音楽から5曲を紹介する新連載企画がスタート。

ダンスホールレゲエの歴史を紹介する書籍を刊行するためのクラウドファンディングがスタート

RihannaやDrakeなどによって、さらに注目を浴びている音楽ジャンル、ダンスホール。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。