Travis ScottのA&Rが良いプロデューサーの条件とは何かを語る

先日待望の最新作『Astroworld』をリリースしたTravis Scott。James BlakeやFrank Ocean、Kid Cudi、JuiceWRLDら豪華なゲストを迎えた同作は高い評価を受けているが、そんなTravis ScottのA&Rを勤めているSickamoreが良いプロデューサーの条件を説明している。

Rolling Stoneのインタビューに登場したSickamoreは、Travis Scottがアルバムを制作する際に採っている方法を明かしている。「Travisは一つの曲で50回のセッションをするんだ」と語る彼によると、Travisは一曲にかなりの時間を費やし、何通りものパターンを試して曲を作っているようだ。

続けてSickamoreは「これがDr. DreやKanye Westのような素晴らしいプロデューサーたちのトリックだよ。彼らは他と比べて音楽を作るのが上手いわけではなくて、他の人たちよりも時間をかけているだけなんだ。それぞれの曲に10000時間ずつだな」と、良いプロデューサーの条件とは「一曲を作るのにどれだけの時間をかけられるか」であるという持論を展開している。

「俺たちは木曜までミックスをしていた。『Astroworld』は木曜の夜に出る予定だったんだぜ」という言葉からも、Travis Scottのチームが多大な時間と労力を費やしてアルバムを制作していたことが分かる。Kanye Westの「ワイオミングセッション(Kanyeが自身のプロデュースするアルバムを5週連続でリリースするというプロジェクトを行なった際の、山中のスタジオでのセッション)」など、同じメンバーでスタジオに籠り、長い時間をかけて制作するという手法が採られたアルバムが増えているが、今後このようなレコーディングの仕方はさらに流行していくのだろうか?

RELATED

MigosのQuavoがソロアルバムをリリース | Travis Scott、Drake、Cardi B、Madonnaなどが参加

グループでの活動と並行していて、ソロ曲のリリースも行っていたMigosのQuavoがソロアルバム『QUAVO HUNCHO』を本日リリースした。

Mike DeanがTravis Scottの2013年のライブ映像を公開 | 5年間で彼がどれだけ成長したかを示す

8月にアルバム『ASTROWORLD』をリリースし、名実ともに現在のシーンを代表するアーティストとなったTravis Scott。今年は娘のStormiちゃんが誕生するなど彼にとっては大きな年となったわけだが、そんな彼の5年前の様子をプロデューサーのMike Deanが公開している。

Frank OceanとTravis Scottの間でトラブルが発生するもすぐに仲直り

その完成度の高さと大ヒットによって今年を代表するヒップホップアルバムとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。豪華な参加アーティストを迎えて制作された同作だが、中でも“Carousel”におけるFrank Oceanの参加は話題を呼んだ。しかし、そんな両者の間で“Carousel”を巡る問題が発生してしまっていたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。