Jaden Smithが自身が投稿してきた謎のツイートを解説

Jaden Smithといえばアメリカの超有名俳優Will Smithの息子であり、自身も俳優として活躍している。

また、彼はラッパーとしての側面も持ち合わせており、最近だと日本で撮影した自身の楽曲“Ghost”のMVが話題となった。

このように多様な方面で活躍しているJadenだが、MVなどからも分かるように、彼は少し変わった世界観を持っている。それは彼のTwitterの投稿にも昔から表れていた。JadenはHuffPostのインタビューに登場し、自身の謎めいたツイートの数々を振り返っている。

例えば、遡ること4年前、Jadenは自身のTwitterでこのようにツイートしている。

「もしカップケーキが木から落ちるなら、下からだとどれだけ遠くになるのだろうか。#ジュピター」というよく分からないものだが、これについてJadenは
「俺はこのツイートをしたときの自分の頭がどうなっていたか分からない」と忘れてしまったことを明かした。
だが、加えてJadenは「俺はこのツイート好きだね。言葉から成る抽象画のような感じだね。この文を読んだとき、頭の中で映像が作り出される、俺はそういう映像を君たちの頭の中に作ったんだ」とこのツイートを分析している。

時に彼は、哲学的、科学的なツイートもしてきた。
一例としてはこの5年前のツイート。

「俺たちの目がリアルでなかったら、どうして鏡がリアルになるんだ」このツイートに対してJadenはこう語っている。
「これはある論文の研究者の言葉から来てるんだよ。目で真実を見抜く方法は俺らが実際にものを見る方法とは違うんだよ」と解説した。
さらに彼は、「俺らは三原色しか見ることは出来ない。だけど光の電磁スペクトルの上ではもっと沢山の色が見えるんだ。でも、俺らの目はそういう能力は持ち合わせていない。それが俺に、俺らが日常的に見ているものは実際はそこに存在していないってことを気付かせてくれたんだ。これが、俺らが唯一実際に取り入れられることなんだよ」と述べている。
どうやら彼は素人には到底理解できないような領域に達しているようだ。

最近のツイートではこのツイートが話題になった。

「俺は人間じゃないし、英語が話せない。」どうかしてしまったのかという内容のツイートだが、Jadenは「これは本当だよ!本当!だって俺は人間にカテゴライズされたくないしね。」と本気だったようで、「人間はこうあるべき、人々はこうあるべきっていうのが嫌なんだよ。俺は俺のしたいことをやる。俺のことを俺が生まれる前の基準で判断しないでほしい。俺は俺のやりたいことをやっているんだよ。」と、このツイートの意味を補足している。確かにそう考えると彼らしいといえば彼らしい。

Jadenはまだまだ若くこれからも活躍の場を広げていくのだろうが、是非この謎めいたツイートも続けていってほしいものだ。

インタビューの全文はこちらで読むことが出来る。

RELATED

Jaden SmithとG-Star RAWによるサステナブルなデニムコレクション

G-Star RAWがアーティストや俳優など多角的に活躍するJaden Smithとコラボし、サステナブルなデニムコレクションをリリースすると発表した。

Will Smithが息子のJaden Smithの"Icon"のミュージックビデオをリメイク

Jaden Smithのアルバム『SYRE』がSpotify上で、1億回再生を突破したのを記念して、父親のWill Smithがアルバム収録曲の"Icon"のミュージックビデオのリメイクバージョンをInstagramに投稿した。

Jaden Smithが主役声優、Vampire WeekendのEzraが制作に携わり、日本のアニメ制作会社が作画を担当したアニメ『Neo Yokio』

Netflixで夢のコラボアニメーションが配信されることになった。タイトルは『Neo Yokio』。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。