ロンドンに24時間営業のクラブ『FOLD』が今夏オープン

ロンドンに24時間営業のナイトクラブ『FOLD』が8/18にオープンする。クラブとスタジオを兼ね備えた施設となるという。

「オーディオと映像のパフォーマンススペースと、スタジオの集合体」と表現される『FOLD』が8/18にオープン予定。ロンドンの工業地帯にある印刷工場の上に作られたこの施設で、600人キャパのナイトクラブと音楽スタジオが共に24時間営業される。

『FOLD』の創設者であるLasha Jorjolianiは「24時間営業にすることで驚き、挑戦し、鼓舞するすばらしい機会となる」とコメント。イベントでより広範囲に渡る音楽を楽しめるようになるという。

もう一人の創設者であるSeb Gloverは「ベルリンやアムステルダムなどヨーロッパの他の主要都市と比べると、ロンドンは近頃かなり苦闘している。再開発によって高級化した地域では住人に対する圧力が高まり、街を離れるアーティストが増えた。ライブ会場に対する規制でDJの稼ぎにも影響が出た」とここ最近のロンドンの音楽シーンの現状を嘆いた。

「私達の作った『FOLD』は街のプレッシャーから離れた新しい家となる」と語るSeb Glover。「出入り自由。どんな人種、宗派、性別、国籍、性的指向の人でも歓迎だ。私達の目的はロンドン生活の極度のプレッシャーと断絶した安全な空間を作ること。自由に表現できて、前向きな気持やインスピレーションを形にできる場所にする」とのこと。

名クラブ『FABRIC』の閉店や(昨年頭に営業再開)や、ハックニー地区のクラブやバーの深夜営業を規制する新たな制定が先月可決されたことなど、近年のロンドンのクラブシーンでは悲観的なニュースが多かった。クラブシーンを前向きに盛り上げてくれるこの『FOLD』の登場は、ロンドンの音楽ファンにとっては嬉しいニュースとなるだろう。

24時間イベントを開催できるナイトクラブ『FOLD』は8/18にオープン。24時間イベントは主に土曜日に開催されるとのこと。

8/18にはオープニングパーティーが予定されており、ロンドンのQueerパーティーHomodropとResis’danceをフィーチャー。Make Me、Dimensions、やBody Hammerも参加。最短でも24時間のパーティーとなるそうだ。

RELATED

マイアミのクラブが店内に馬を登場させ動物虐待だとして閉店に追い込まれる

マイアミビーチにあるクラブThe Mokai Loungeで、先日イベント中の賑わった店内に白馬が登場。女性が水着姿で乗馬する模様がTwitterに投稿され大きな話題となっていた。

ロンドンの2000年代後半から現在までのダンスミュージックシーンを捉えた写真集『SIGNAL THE FUTURE 』

スイス人フォトグラファー、アーティストであるゲオルグ・ガッサスが2008年~2017年のロンドンのダンスミュージックシーンを捉えた写真集『SIGNAL THE FUTURE 』が刊行された。

ロンドンのグライムやラップイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696が廃止に

ロンドンのグライムやラップのイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696と呼ばれる書類が廃止されることになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。