韓国の注目アーティストCIFIKAの再来日公演が開催決定 | 小林うてなやMari Sakurai、Tohjiなども出演

2016年にデビューし、そのダンスミュージックなどに影響を受けたカラフルなサウンドが注目を集めている韓国のアーティストCIFIKAの再来日公演が、8/25(土)に東京・渋谷CIRCUSで開催される。

CIFIKAは、LAでデザイナーとして活動していたが2016年にSoundCloud上に曲をアップするとそのままの流れで、ミュージシャンとして新しく生まれ変わる為に韓国への移住を決断。

デビューから2年という凄まじいスピードで革新的なエレクトロニック・ミュージシャンとして様々なメディアに取り上げられる存在となり、3月に発表したEP『PRISM』も大きな話題となった。

音楽、映像、ファッションとトータルコンセプトで自身のアーティスト性を表現するCIFIKAの来日公演には、小林うてなやMari Sakuraiも出演。さらにラウンジフロアではラッパーのTohjiなど多様なラインナップが登場する。

Info

20180825OK

TITLE: LEAP vol.4 feat.CIFIKA
DATE: 2018.08.25(SAT) OPEN 23:00
LINE UP: 
-B1 floor-
CIFIKA (Third Culture Kids)
小林うてな
Mari Sakurai
Romy Mats (解体新書/N.O.S)
Supernatural 
-1st floor-
Tohji
JNYA (sexualnoise)
Zooey Loomer 1979
Kahrin
Shann (LEAP) 
Hibiki (LEAP)
 
 
DOOR: ¥3000 
ADV:¥2500
 
VENUE: CIRCUS Tokyo 
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-16
03-6419-7520 
http://www.circus-tokyo.jp

 

RELATED

ムンクの世界観に共鳴した現代のクリエイターによる展覧会が開催 | 青葉市子、北村みなみ、小林うてな、OMSBなど22組が参加

先週末10/27(土)から、東京都美術館にて世界で最も知られている絵画『叫び』を描いたエドヴァルド・ムンクの傑作100点を展示する『ムンク展—共鳴する魂の叫び』が開催中だ。

名古屋・栄の地下通路を使用するイベントに環ROY、小林うてな、食品まつりが出演

9/16(日)に名古屋・栄の地下モール「Central Park」が閉店後に、地下通路を使ったイベント『Extra LIVE:道(未知)とのSo good!(遭遇)#1』が開催となる。

上海ALLと東京WWWβによる交換プログラム『上東』の第2弾が開催 | Hyph11E、SCINTI、SHIZKA、Mari Sakuraiなどが出演

上海のローカルシーンの新たなダンスミュージックシーンを作り上げるクラブ、ALLと東京WWWβによる交換プログラムシリーズ『上東』の第2弾が開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。