Travis Scottが『Astroworld』のマーチコレクションを3点づつ24時間限定で販売

待望のニューアルバム『Astroworld』を8/3にリリース予定であるTravis Scott。リリースに先駆けて、『Astroworld』のマーチコレクション第一弾が公開された。9日間連続で毎日3点づつアイテムを公開し、それぞれを24時間限定でネット販売するという。購入者は次のTravis Scottのツアーの先行予約も可能。

『Astroworld』のマーチコレクションは合計28点。9日間連続で3アイテムづつをそれぞれ24時間限定で販売していくという。『Astrowrold』アイテム第一弾はフーディー、Tシャツ、ダッドハットの3点。先日2種類公開された『Astroworld』ジャケットの片方である夜バージョンのジャケットに合わせたのか、今回公開されたものは黒を基調としたアイテムである。

スクリーンショット 2018-08-02 15.23.40

スクリーンショット 2018-08-02 15.24.01

スクリーンショット 2018-08-02 15.23.51前面にAstroworldのロゴと背面に”WISH YOU WERE HERE”と書かれたフーディーとキャップ。そして“I went to Astroworld and all I got was this f*ckin t shirt(Astroworldまで行ったけどこのクソTシャツを手に入れただけだった)”と前面に書かれたTシャツ。値段は$40~$85。

同時に夜バージョンの限定ジャケットのVinylとCDも注文可能に。この夜バージョンのジャケットはこのオフィシャルページのネット販売のみでしか購入できないようだ。

スクリーンショット 2018-08-02 15.46.18

今回公開されたAstroworldアイテム、またはVinylかCDを注文すると、まだ詳細の発表されていない次のTravis Scottのヘッドラインツアーを先行予約する権利も手に入る。予約方法などについてはツアー発表後に購入者に連絡が来るとのこと。

24時間限定で公開されている『Astroworld』限定マーチコレクション第一弾の3点はこちらのページから。カウントダウンはもう始まっているのでほしい方は早めに。
https://shop.travisscott.com

RELATED

Travis Scottがカンザスシティでのライブで「ありがとうセントルイス」と違う都市に対しシャウト

ライブに頻繁に足を運ぶ人は、アーティストが会場のある都市名をシャウトしている場面を一度は見たことがあるはずだ。その際に彼らが誤った街の名前を口にしてしまうという珍事がごく稀に起こるが、今回Travis Scottがそのようなミスをして話題となっている。

Travis Scottによる遊園地が地元ヒューストンに建設予定か

昨年を代表するアルバムの1つ『AstroWorld』を発表してからというもの、スーパーボウルハーフタイムショーに出演するなど現代を代表するラッパーとしての地位をますます確固たるものにしつつあるTravis Scott。そんな彼は今、そのアルバムを引っさげたAstroWorld Tourの真っ最中なのだが、以前には観覧車をステージに登場させるなどアルバムのジャケットにもある遊園地をモチーフにしたような演出が話題を呼んでいた。そして、今回本当にTravisによる遊園地が実現してしまうかもしれない。

Travis Scottのライブが延期になったことを受け彼のファンが会場で暴走

今年のグラミー賞において、自身の最新アルバム『AstroWorld』が最優秀ラップアルバム部門にノミネートされたものの惜しくも受賞を逃したTravis Scott。そんな彼は現在、その最新アルバムを引っさげた『AstroWorld Tour』の真っ最中なのだが、今週月曜日の夜に行われる予定だったライブを彼が延期にしたことでファン達が暴走してしまったようだ。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。