D.J.Fulltono x CRZKNY x Skip Club Orchestra x megumu yamamotoによる新レーベル『Draping』が始動 | Dommuneでの特番も決定

ミニマルテクノの傑作Wolfgang Voigtの『Studio1』へのオマージュとして開始されたD.J.FulltonoとCRZKNY によるプロジェクト Theater1。

2015年~2016年に毎月一枚、計 12 枚の EP をリリース、そしてその EP を二枚組CDアルバム『fin』にまとめあげた。Wolfgang Voigt本人にも手渡されたことでTheater1のプロジェクトは一旦幕を閉じた。

今年この2人が世界で最もミニマルフットワークをリリース しているSkip Club Orchestraとアートワーク担当としてmegumu yamamotoを加えた新レーベルプロジェクト『Draping』を始動させることになった。

人体に合わせた立体裁断を意味するDrapingという言葉がついた由来は、megumu yamamotoの作品に感銘を受けたD.J.Fulltonoが Theater1を経た感覚を、よりダンスフロアへ向けたサウンドに落とし込みサウンドとアートの融合物を「オーディエンスに纏わせる」との発想が元となっている。

draping vol.1 artwork

draping vol.2 artwork

draping vol.3 artwork

なおレーベルが始動する8/9(木)の前日である8/8(水)に、DOMMUNEで特別番組を放送。このプロジェクトについて各当事者たちがそれぞれの Draping 像を持ちより、全貌を紐解いていく。番組後半には一夜限りの Theater1復活ライブ、そして D.J.Fulltono による Draping の世界観表すDJ プレイを予定する。

Info

『ex Theater1 / umarecawal presents Talk about “draping” - sound / dress / floor - 新レーベ ル『draping』を紐解く』
※番組後半には一夜限りのTheater1復活ライブ、そして D.J.Fulltono による Draping の世界観を表すDJプレイを予定。
出演者:
D.J.Fulltono、CRZKNY、Skip Club Orchestra、megumu yamamoto

なお、8/9(木)よりDraping のアートワークを手がけるmegumu yamamotoの作品展覧会 「WARP/umarecawali」が表参道 ROCKETにて開催される。 展覧会概要 ⇨ https://megumuyamamoto.com/info/

RELATED

Be Stupidをテーマにした新パーティー『Aural Exciters』が開催 | D.J.FulltonoとArisa Shirotaがゲストで出演

DJ SOYBEANS、CHANGSIE、FUCK MASTA FUCKという都内を拠点にする3人のDJをレジデントに、各地からゲストを招き開催する新パーティー『AURAL EXCITERS』が、8/17(金)に渋谷のWWW βで開催される。

サニーデイ・サービスの"FUCK YOU音頭"のオフィシャル・ブート12インチがリリースへ | CRZKNYとPART2STYLEのリミックスを収録

サニーデイ・サービスのアルバム『the CITY』のリミックスプロジェクト『the SEA』に収録されていた、曽我部恵一による"FUCK YOU音頭"。

サニーデイ・サービスのリミックスプロジェクトにIllicit Tsuboi、CRZKNY、鈴木慶一が登場し遂に完結

サニーデイ・サービスがSpotify上で公開しているリミックスプロジェクト『the SEA』に、新たにIllicit Tsuboi、CRZKNY、鈴木慶一のリミックスが追加され、遂に18曲が出揃った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。