Rich The Kidが以前所属していた300 Entertainmentへの怒りを表明

昨年、ソロアーティストとしてInterscope Recordsと新たな契約を結んだRich The Kid。かつて在籍していたレーベル300 Entertainmentとの契約に不満を抱えていた彼は、晴れて移籍を果たした訳だが、それでもなお怒りは収まらないようだ。

Rich The Kidは自身のInstagramにて300 Entertainmentへのメッセージを公開(現在は削除)。「ファック300、お前らはクズだ」と不満を爆発させ、「ようやくこのクソな契約を抜けられた。もう二度とお前らと一緒にやりたくない。お前らに金を返せと言ったよな。もうお前らのとこに居たくなかったんだよ。クソが、お前らはゴミだ。おい、若いインデペンデントなアーティストは300と契約するな。奴らは最低のレーベルだ」と激しくレーベルを罵倒した。

300 Entertainmentへの不満を表明しているアーティストはRich The Kidだけではない。今年の2月には同じく300 Entertainmentを去ったMigosが同レーベルとの間に発生した問題をComplexに語っている

MigosのレーベルQuality Control Musicの代表を務めるPierre “Pee” Thomasによれば、300との契約はMigosのキャリアにとって最大のハードルであったという。「18ヶ月の間、俺たちは一曲も発売することが出来なかった。今はiTunesなどで曲を出せていて、それはいいんだが、それまではMigosの曲は全て束縛されているようだった」と、Thomasは300に曲が全て管理され自由にリリースすることが出来なかった状況を説明している。その特徴的なダンスで大ヒットしたMigosの”Look at My Dab”も長らくiTunesで販売出来なかったようで、「アスリートもキッズもみんながDabをしていたのに、あの曲をiTunesで聴けなかったんだ。売れなかった、配信出来なかったんだよ」というThomasの言葉からは、300がいかにMigosの活動の足枷となっていたかが伺える。

300 Entertainmentに在籍していたことはRich The Kidの活動に未だ支障をきたしているようで、例えば彼がInterscope移籍後にドロップしたミックステープ『Rich Forever 3』の権利は300が所有しているという(レーベル「Rich Forever Music」が300の傘下にあるため)。3月にはデビューアルバム『The World Is Yours』のリリースが叶ったRich The Kidだが、今後は300との問題を解決して自由な活動を行うことが出来るのだろうか?

RELATED

Lil Uzi VertとRich The Kidがスターバックスで乱闘騒ぎを起こす

Rich The Kidのレーベルへの参加オファーをLil Uzi Vertが断ったことにより発生した両者のビーフは、ついに曲だけではなくフィジカルの争いになってしまった。

Rich The Kidが「フレックスするのに疲れた」と泣く

過激さを増す、ヒップホップシーンの煽りあい。勢いのある若手ラッパーでもさすがに無理がたたるのだろうか、Rich The Kidが本音を漏らしている。

Rich The Kidが“Who Run It”のビートでLil Uzi Vertをディス

いまだにビーフが続いているRich The KidとLil Uzi Vertにまた新たな動きがあった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。