Shiloh Dynasty | XXXTentacionやRussなどが楽曲をサンプリングする謎のシンガー

ラッパー、プロデューサーのRussが新曲”Tell Me Why”を公開した。過去の恋愛を忘れられず新しい関係を上手く築けない恋人に対する感情を歌ったこの曲は、謎のシンガーソングライターShiloh Dynastyの”Waiting”という曲をサンプリングしている。

Shilohさん(@shilohdynasty)がシェアした投稿 -

Shiloh Dynastyは2014年頃からVineに6秒間に満たないアコースティックギターでの弾き語りをアップロードしており、2015年にはInstagramにも投稿を開始。16本のビデオをアップロードした後、2016年9月の”Come Here”というキャプションが添えられたセルフポートレートの投稿を最後にインターネット上から完全に姿を消した。

come here

Shilohさん(@shilohdynasty)がシェアした投稿 -

この件を巡ってファンの間には数々の噂が飛び交い、自殺したという説があたかも事実であるかのように出回ったことでInstagramには追悼のコメントが数多く寄せられた。しかし、それでもなおShilohのアカウントは沈黙を保ち続けていたが、Shiloは今年3月にTwitterアカウントを開設し、その生存は確認されたが、しかしこのアカウントが偽者であると主張するユーザーもいて、100%証明はできていない。

ShilohはXXXTentacionがなくなったことについての投稿で、「彼はレジェンドだった」と述べている。

年齢や性別などその素性が何一つ明らかになっていないShilohは、XXXTentacionのアルバム『17』に収録された”Jocelyn Flores”を始めとする複数のトラックにおいてサンプリングされていることで一躍その名を有名にすることとなった。

Shilohさん(@shilohdynasty)がシェアした投稿 -

彼(彼女)のメロウな歌声とセンチメンタルな歌詞はいわゆるエモラップのようなジャンルと親和性が高く、また一曲が6秒以下と短いためループしやすいということもあり、SoundCloudにはShilohの曲をサンプリングしたトラックが数多くアップロードされている。
他にはRexx Life Rajのようなラッパーも、”Handheld GPS”にてShilohの“All That Matters”という曲をサンプリングしたトラックを使用している。

Shilohさん(@shilohdynasty)がシェアした投稿 -

Shilohが姿を消して2年が経過した現在も彼(彼女)に関する情報は一切更新されていないが、その楽曲がサンプリングされることによってファンの数は増加を続けている。今回Russがドロップした”Tell Me Why”によって興味を持った方は、Instagramなどで曲を聴いてみては?

RELATED

Googleの「2018年で最も検索された言葉」にMac Miller、XXXTentacion、映画『ブラックパンサー』がランクイン

Googleが、毎年恒例となっている今年世界で最も検索された単語を紹介する年間検索リストを公開した。このランキングは「昨年に比べ検索された回数が急上昇した単語」を基準に選考されており、世界の人々が今年何に関心を持っていたかが分かるものとなっている。

XXXTentacionのニューアルバム『SKINS』がリリース | 宇田川町に追悼壁画が登場

XXXTentacionの遺作『SKINS』が本日リリースとなった。

故XXXTentacionの新作『Skins』に参加したKanye Westが、彼のDV疑惑を曲中で擁護していることが判明

Kanye Westの現在製作中だという最新作『Yandhi』に故XXXTentacionが参加していることは以前より伝えられていた。そんな中、今回XXXTentacionの死後初めて発表されるアルバム『Skins』にもKanye Westとのコラボ曲が収録されることが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。