Kendrick Lamarがドラマ『Power』にドラッグ中毒者の役で俳優デビュー

ヒップホップアーティストとして始めてピューリッツァー賞を受賞し、また今年のフジロックのヘッドライナーを飾るなど世界的に確固たる地位を築いているKendrick Lamar。そんなKendrickが、俳優デビューを果たした。

50 Centが制作総指揮を務めるテレビドラマシリーズ『Power』の最新エピソードで俳優デビューを飾ったKendrickは、ドラッグ中毒者のキャラクターLacesを演じた。50cent演じるドラッグディーラーKananと対峙し、早口で台詞をまくしたて挙動不審な様子を見せながらも同時に底知れなさを感じさせるその演技は、視聴者から大きな賞賛を浴びせられている。

ドラマのファンたちは早くもKendrickの再登場を望んでいるようで、中にはKendrickにエミー賞やオスカーを与えるべきだという声も上がっている。

50 Centと共に『Power』の制作を行なっているCourtney A. Kempは、Kendrickが登場したエピソードが公開された後、彼をドラマに抜擢した理由を明かしている。「彼を出演させたのは、スターを登場させることでドラマがさらなる注目を集めるようにしたいとか、全くそういった意図ではなかった。それよりも、彼が出演を望んでいたから、私たちがリスペクトしているアーティストに最高のクオリティで演技をして貰いたかった」と彼女の言葉からは、今回の出演はKendrickの要望で実現したもので、彼がスタッフから大きな信頼を寄せられていたことが分かる。

Kempによると「Kendrickからドラッグ中毒者のキャラクター(彼はもっと別の言葉を使っていたけど)を演じたいと言われて、それでLacesというキャラクターを作った」とのことで、今回の役どころもKendrick自身からの提案であったようだ。

『Power』は日本ではHuluにて独占公開されており、現在はシーズン2の9話まで視聴することが出来る。

Kendrick扮するLacesが登場するエピソードが日本で公開されるまでは少しの間待たなければいけないようだが、彼の演技を見てみたいというファンはチェックしてみてはいかがだろうか。

RELATED

Offsetがアルバム『FATHER OF 4』でKendrick Lamarをゲストに迎えようとしていたことを明かす

先週金曜日にリリースされたOffset初のソロアルバム『FATHER OF 4』。プロデューサーにSouthsideとMetro Boominを迎え、J. ColeやGunna、Cardi B、Travis Scottなどをフィーチャーした豪華なメンバーの同作だが、OffsetはさらにKendrick Lamarが参加する楽曲を制作しようとしていたという。

Kendrick Lamarが97000曲ものビートをキープしていると関係者が語る

FNMNLでヒップホップのニュースをチェックしている方は、「曲がたくさんある」というボーストをラッパーが行なっている様子を目にしたことが一度はあるだろう。「15000曲をレコーディングした」というYoung Thugや「65000曲のストックがある」というAnderson .Paakの発言をこれまで紹介してきたが、今回はこの「いっぱいあるシリーズ」にKendrick lamarが加わった。

グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。