Kanye Westが「俺はもう一生誰のアドバイスも受けない」と宣言

6月には自身が関わったアルバムを5週連続でリリースするというプロジェクトを達成し、現在はChance The RapperとコラボレーションしたアルバムやKid Cudiとの『Kids See Ghosts』の続編に取り掛かかっているという噂もあるKanye West。近頃はおなじみのTwitter芸も安定した様子を見せトラブルに巻き込まれることもなくなった彼は、今回「誰のアドバイスも受けない」ということを決心したようだ。

Kanyeは本日早朝、Twitterに「俺はもう今後の人生で誰のアドバイスも受けない」というツイートを投稿。彼はアルバム『Ye』に収録された”No Mistakes”にて同様の内容をリリックにしており、「俺より成功していない奴のアドバイスは受けない」と歌っていた。

彼はそもそも他人に言われた通りの行動をしたり、何らかの確信を持っているような人間ではない。それはかつてハリケーンカトリーナがアメリカを襲った際に当時のジョージ・W・ブッシュ大統領を「彼は黒人のことを何一つ考えていない」と批判した後、今年「同じ龍のエネルギーを持っているから」という理由でトランプ大統領の支持を表明したことなどにもよく表れている。

前述のツイートがなされる直前、「俺は俺が言わなきゃいけないことについて話すのが嫌いだ」とのツイートもKanyeによって投稿されている。彼はこれからYeezyの新たなドロップを控えており、このツイートはそのことに対する気持ちを吐露したものなのだろうか?あるいは、妻のKimやG.O.O.D. Musicのメンバー、共にアルバムを作っているChance The Rapperに対するものである可能性もあり、想像の余地が多く残されている。

いささか心配なKanyeだが、A$AP Mobの映像作品「AWGE DVD(Vol.3)」にてA$AP Rocky、A$AP Fergと共にフリースタイルを披露するなど、未だエネルギッシュな活動を続けている。

このまま彼のクリエイティビティが止まることなく、素晴らしい作品を届けてくれることを祈りたい。

RELATED

Kanye Westのエンジニアが「『Yandhi』は女性をエンパワメントするアルバム」と語る

昨年よりリリースが予告されているKanye Westの最新アルバム『Yandhi』。未だにアルバムの詳細は明らかになっていなかったが、Kanyeのエンジニアが同作について興味深いことを語っていたようだ。

Kanye WestとKid Cudiが『KIDS SEE GHOSTS』でのサンプリングが原因で訴えられる

昨年、Kanye WestとKid Cudiの二人によってリリースされたアルバム『KIDS SEE GHOSTS』。高い評価を受けた同作だが、その内の一曲でサンプリングされているフレーズが訴訟の原因となってしまったようだ。

Kanye WestがEMIとの契約で音楽活動からのの引退を禁止されていたことが明らかに

かつての所属レーベルであるEMI相手に訴訟を起こしていることが報じられているKanye West。既に契約を満了しているにも関わらずEMIから作品を発表しなければならない状況に置かれている彼が、かつての同レーベルとの契約によって音楽活動の引退を禁止されていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。