Juice WRLDが自身がSoundCloudラッパーと呼ばれることについて苦言

その登場から圧倒的な速さでスターダムを駆け上がったシカゴのラッパーJuice WRLD。そんな彼が、自身を「SoundCloudラッパー」と呼ぶ声があることについて語っている。

LAのラジオ番組Real 92.3に登場したJuice WRLDは「SoundCloudラッパーと呼ばれることについてどう思うか」という質問に対して、「SoundCloudラップはみんなが思ってるようなものじゃないよ。クソ野郎どもがちょっとした曲を作って、ザナックスを飲んでるってだけのものじゃないんだ。だって俺を見てみろよ、俺はザナックスも好きじゃないし、SoundCloudにもアクセスしてない」とコメントし、SoundCloudラッパーを悪い意味で一括りにすることに対して苦言を呈した。

Juice WRLDはSoundCloud上のシーンがルーツにあるものの、他のステレオタイプなSoundCloudラッパーたちとは一線を画したスキルや楽曲のクオリティを持っているように感じられる。SoundCloudラッパーという言葉がまるで蔑称であるかのように使われて、自身もそこにカテゴライズされることに抵抗があるのも無理からぬ話だろう。SoundCloud出身のラッパーは多く存在するものの彼らの音楽の特徴やクオリティは千差万別であり、それを一つのサブジャンルとして扱うことはいささか安易とも言えるかもしれない。

一口にSoundCloudラップといっても、例えばSoundCloudから登場し「SoundCloudラップの生みの親」を自称したこともあるSmokepurppとJuice WRLDを比較すると、彼らが対照的な音楽を作っていることは一目瞭然である。加えて、以前YBN NahmirがSoundCloudラッパーたちを「全員ジャンキーの奇人」と評したことも報じられたように、SoundCloud出身のラッパーたちのSoundCloudラップシーンに対する距離感は人それぞれだ。

Juice WRLDは同じインタビューにて先日発生した6ix9ineとのビーフなどについても語っている。興味のあるJuice WRLDのファンはチェックしてみてはいかがだろうか。

RELATED

Juice WRLDが初めて全米アルバムチャートで1位を獲得する

Juice WRLDの2ndソロアルバム『Death Race For Love』が全米アルバムチャートで1位を獲得した。これは彼にとって初めての快挙となる。今作は発売1週間で16.5万枚を売り上げ、現時点で2019年最もストリーミング再生されたラップ・R&Bミュージックとなる。

Juice WRLDがニューアルバムの楽曲は全てフリースタイルだと主張

昨年、リリースした“Lucid Dreams”をきっかけに一躍人気ラッパーの1人となったJuice WRLD。先日、待望のニューアルバム『Death Race for Love』をリリースした彼だが、自身のTwitterにて衝撃的な事実を明かしている。なんとニューアルバムの楽曲は全てフリースタイルだと主張したのだ。

【スペシャルフォトレポート】Rolling Loud LA | 世界最大級のヒップホップフェスの熱狂

Rolling Loud FestivalはLil Pump、Ski Mask the Slump God、Smokepurpp、そして20才という若さでこの世を去ったXXXTentacionなど、当時SoundCloudでバズりかけていたマイアミベースのアーティスト達を集結させ、その人気を一気に全米へ押し上げた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。