Drakeの“In My Feelings”チャレンジが国家運輸安全委員会から警告を受ける

Drakeのニューアルバム『Scorpion』に収録されている楽曲“In My Feelings”チャレンジの流行が止まらない。
そのおかげもあってか、“In My Feelings”は今までの1週間のストリーミング再生数1位を塗り替え、歴代最多となった。

だが、“In My Feelings”チャレンジはどれだけ奇抜な場所で踊っているか、どれだけ危険な場所で踊っているかを競う側面も持っており、先日、アメリカの国家運輸安全委員会が警告する声明を発表する事態となっている。

そんな中、国家運輸安全委員会のNicholas WorrellがThe Blastのインタビューに登場し、“In My Feelings”チャレンジの危険性について語った

「交通事故はアメリカにおける死亡事故の主要な要因だ。自分のダンスを見せるために、動いている車から飛び降りたり、道路に飛び出したりするなんて馬鹿げているし、非常に危険だ。ーあなたとあなたの周りの友達に言っているんだよ」とNicholasはファン達に警告をしている。彼は続けて、「時間や場所はあらゆるものの為にある。だが、アメリカの高速道路や一般道は“In My Feelings”チャレンジの為にあるのではない」と述べた。
アメリカ以外にもエジプトやスペインの警察は、“In My Feelings”チャレンジの為に車に飛び乗ったり、交通の妨げになることをするのはれっきとした犯罪であると注意を呼びかけている

実際にアブダビではすでに、“In My Feelings”チャレンジによる逮捕者が3人出たようだ。

Drake本人もまさか各国の政府を巻き込む事態になるとは思っていなかっただろう。
“In My Feelings”チャレンジをするときは是非節度を持って楽しんでもらいたいものだ。

RELATED

Drakeが名ミックステープ『So Far Gone』の再々リリースによってFutureとBillboardチャートで1位を獲った回数で並ぶ

Drakeのデビューミックステープ『So Far Gone』といえば、今もなお名作として語り継がれる作品の1つだが、Kanye Westのビートをサンプリングした“Say What's Real”が収録されていることもあり、権利の問題でこれまでストリーミングサービスでフルヴァージョンを聴くことは出来なかった。しかし、先日ついに『So Far Gone』のリリース10周年を記念して、各ストリーミングサービスでフルヴァージョンが配信された。そして、このリリースによってDrakeはBillboardのR&B/HipHopアルバムチャートで1位になった回数でFutureと並ぶこととなった。

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。