80'sジャパニーズハードコア・パンクを捉えたドキュメンタリー『ちょっとの雨ならがまん』の予告編が公開

80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したドキュメンタリー映画『ちょっとの雨ならがまん』と、同作の監督である安田潤司の長編デビュー作『ファー・イースト・ベイビーズ』の2作品それぞれの予告編が公開された。

『ちょっとの雨ならがまん』は、G.I.S.M.、GAUZE、THE COMES、THE EXECUTEと町田町蔵や石井聰亙(現・石井岳龍)など、音楽のみならず現在でも大きな影響を与える80年代の日本のハードコア・パンクシーンの黎明期を記録した作品。当時21才だった安田潤司が監督したこの作品は、1984年の初公開後、劇場やライブハウスを中心に上映され、延べ50,000人もの観客を動員、そして1994年を最後に一切の上映をやめビデオ化されることもなく消え伝説となっていた。

同時に公開される安田が93年に制作した演劇界の奇才・飴屋法水をはじめとするアンダーグラウンドシーンを席巻していたアーティストが集結した『ファー・イースト・ベイビーズ』。東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートのメンバーである石川成俊、棚橋ナッツ、上野仁、佐野秀介。ハードコア・パンクバンドG.I.S.M.の横山SAKEVI。頭脳警察のパンタと石塚俊明。そして、飴屋法水とテクノクラートのマシン。登場人物全員が本人として登場し、仮想現実と戯れるように物語が紡がれていく作品だ。

予告編と共に解禁となった本ビジュアルを手がけたのは写真家・川島小鳥の写真集『明星』(ナナロク社)など、数々の本やCDのデザインを手掛けるデザイナーの佐々木暁だ。

Info

feb+ame_flyer_15

『ちょっとの雨ならがまん』

『ファー・イースト・ベイビーズ』

【コピーライト】
© 2018 P.P.P.project

【公開表記】
2018年8月18日(土)より新宿K's cinemaほか全国順次公開

【映画公式HP】
http://silvergelatin.main.jp/movie/chottonoame-feb/

RELATED

渋谷の街頭ビジョンを用いた『NEO SHIBUYA TV』にアート作品を紹介する番組が登場

渋谷の9機の街頭ビジョンを用いて、広告だけではない映像作品を輩出し、新たな街頭ビジョンの可能性を、創造の分野で追求するプロジェクト『NEO SHIBUYA TV』。

tofubeatsのニューアルバム『RUN』から映画『寝ても覚めても』の主題歌"RIVER"の先行リリースが発表

10/3(水)に4thアルバム『RUN』をリリースするtofubeatsが、収録曲で映画『寝ても覚めても』の主題歌である"RIVER"の先行リリースを発表した。 この楽曲は『寝ても覚めても』の濱口竜介監督の前作『ハッピーアワー』に、tofubeatsが深く感銘を受けたことが縁で書き下ろしたこれ...

映画『KUSO』のプレミア上映が開催 | Flying Lotus監督も登壇決定

Flying Lotusの初監督作品として大きな話題となっている映画『KUSO』。日本でも8/18(土)より渋谷・シネクイントにて 1 週間限定されるが、一般公開に先駆け、8/16(木)に渋谷・シネクイントにてジャパンプレミア上映を開催する。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。