Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

そんな中、先日友達10人とシェアハウスしていることを明かしたLil Yachtyが、今度は自分の持っているSupremeの服を全て売ることを計画しているようだ。
Twitterにこのような動画が投稿されている。

この動画でYachtyは「これらのSupremeの服を全部見るのはもう疲れたよ。だから、俺は全て売りたいと思ってる。Grailed.comで全部売るつもりだよ。」と述べ、自身のSupremeのTシャツコレクションを披露し、転売サイトのGrailedで売りに出すことを明かした。

コレクションの中には、前述したDipsetやNotorious B.I.GとのコラボTシャツや大きな話題となったLouis VuittonとのコラボTシャツなどがあり、Supremeファン垂涎のラインナップだ。

まだこれらのコレクションが売りに出される日程などは明かされていないが、Yachtyが袖を通したという付加価値が付いたTシャツには、いったいどれほどの値段がつくのだろうか。

RELATED

Lil Yachtyが日本で約12年ぶりに湯船につかる

今週の木曜日3/7に東京・渋谷のWWW Xで初来日公演を行ったLil Yachty。マスクをしたままライヴパフォーマンスをスタートするなどユニークなキャラクターで知られる彼が、日本滞在中にこんなツイートを行っていた。

Lil Yachtyの緊急来日公演が開催決定

現在のマンブルラップシーンの発展に大きな貢献を果たしたLil Yachtyの緊急来日公演が3/7(木)に東京・渋谷WWW Xで開催となる。

Lil Yachtyがデビューアルバム『Teenage Emotions』が酷評され心が折れたと明かす

GQの動画インタビューに登場したLil Yachtyは彼が2017年にリリースしたアルバム『Teenage Emotion』に対する厳しい批評を受けて、心が折れた事を認めた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。