6ix9ineがLAのラジオ番組で放送禁止となる

先日、強盗の被害に遭った6ix9ine。不幸中の幸いにも現金などを奪われただけで済んだ6ix9ineだが、彼のことを嫌っている人間はまだまだ沢山いそうだ、特にLAには。

6ix9ineはNicki Minajとの新曲“FEFE”をリリースしたばかりで、アメリカ各地のラジオ局でかけられていることだろう。
しかし、現地時間月曜日、ロサンゼルスのラジオ局Power 106でホストを務めるL.A.Leakersの1人Justin Credibleが“FEFE”の6ix9ineのバースをかけるのを拒絶したのだ。

Credibleがなぜこのようなことをしたのかというと、6ix9ineとロサンゼルスを代表する2人のラッパーThe GameYGとのビーフが原因だそう。

Credibleは「俺はロサンゼルスについて6ix9ineが言っていることには全く賛成しない」と述べ、6ix9ineがビーフを通してロサンゼルスを軽蔑しているように感じたため、上記のような判断を下したようだ。

6ix9ineは、The GameやYGとのビーフの末、今年の5月にはロサンゼルスにある3つのクラブから出禁を食らっており、今ではロサンゼルスという都市自体を敵に回してしまったような状態になってしまった。

強盗にあったばかりの6ix9ineはおそらく今はそれどころではなさそうだが、入院していても様々な場所で物議を醸す彼の影響力はある意味すごいのかもしれない。

RELATED

Fat Joeが「6ix9ineと一緒に写真を撮るくらいなら俺はその前に死ぬ」と語る

現在9つの罪に問われ拘留中の6ix9ineだが、彼に対しては先日のNipsey Hussleや、Snoop Dogg、50 centなど多くのラッパーが批判的な意見を浴びせかけている。Fat Joeもその一人のようで「6ix9ineと一緒に写真を撮るくらいなら、俺はその前に死ぬ」と過激な言葉を6ix9ineに投げかけた。

Nipsey Hussleが6ix9ineについて「社会はあんなピエロに反応するべきじゃない」と語る

9つもの罪で拘留され、度々問題行動を起こしてきたことで知られる6ix9ine。そんな彼を、LAのラッパーNipsey Hussleが一刀両断している。

Offsetが減刑され保護観察処分に置かれる可能性も浮上した6ix9ineに対して「安全が保証されることはない」と警告

先日、9つの罪に問われ拘留されていながらも司法取引の結果減刑され保護観察処分に置かれる可能性も浮上した6ix9ine。自身の所属していたギャング「Nine Trey Bloods」のメンバーを警察に密告しての減刑だが、そのことについてOffsetが警告を行なっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。