BlackEyePatchの2018 FW Collection LOOKBOOK | 00年代のヒップホップカルチャーをモチーフ

「東京」をアイデンティティーとした自分たちの表現を掲げ、コレクションを展開しているBlackEyePatchから、2018 FW CollectionのLOOKBOOKが到着した。

今シーズンも昨シーズンから引き続き、00年代のヒップホップカルチャーをコンセプトにしたコレクションを展開。総柄の刺繍が施されたレザージャケットや、大味なモチーフのグラフィック、エンブレムデザインなど当時のカルチャーを形作っていた要素と、ブランドの持ち味でもあるグラフィックを掛け合わせた。

BlackEyePatchらしい「東京」のストリート感をこれまで以上に表現したコレクションが完成した。

■LOOK

Photo_Shunya Arai

Styling_Yohei Usami

Hair_Yoshikazu Miyamoto

Special thanks_SOLAKZADE

■info

blackeyepatch.com

RELATED

HUF FALL 2018 LOOKBOOKとVIDEOが公開

スケーターのみならず、様々なカウンターカルチャーに精通する人々に向けられたHUFのFALL 2018のLOOKBOOKとVIDEOが公開された。

mindseeker FW 18のLOOKBOOKが公開 | テーマは「革命」

mindseekerからFW 18のLOOKBOOKが公開された。

DAIRIKUの18FW コレクションのLOOKが公開 | テーマは「HOME KIDS」

23歳のデザイナー岡本 大陸によるブランドDAIRIKUが、18 FW COLLECTIONのLOOKを公開した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。