Chief Keefがホログラムでツアーを行う予定

Chief Keefといえば、アメリカ・シカゴを代表するラッパーの1人であり、これまで数々の警察沙汰を起こしてきたことは周知の事実であろう。そして、彼はその自身が起こした数々の警察沙汰のせいで、世界中の色々な街から出禁を食らっている。

そんな彼は、若い頃からの幾多の悪行、さらにラップ嫌いの市長が就任したのも相まって地元のシカゴからも締め出されている。

そのような状況では、ツアーを敢行するのも一苦労であることは想像に難くない。
しかし、Keefはそれをかいくぐる方法を見つけた。ホログラムだ。

来たる8月31日、Keefはロンドンでライブを行う予定だが、彼はイギリスに入国することを許されていない。だが、ホログラムを使えばロンドンでパフォーマンスが出来るというわけだ。

そして、Keefはそのロンドンでのライブを皮切りに、シカゴ、ニューヨーク、ニューオーリンズ、ラスベガスなどのアメリカの主要都市を回るツアー‘Icons of American Music Hologram Tour’を敢行するそうだ。ツアーの題名からも分かるようにロンドンだけでなく、それ以降のライブも全てホログラムで行うとのこと。

実は、彼は以前にも地元のシカゴでホログラムでパフォーマンスを行ったことがあり、その経験が今回このようなツアーをすることになった理由の1つであることは間違いないだろう。

2012年のCoachellaではTupacが、2014年のBillboard AwardsではMichael Jacksonがホログラムで登場し、ライブを行ったようにホログラムでライブをすること自体はそこまで珍しくなくなってきた。

しかし、現在生きているアーティストがホログラムで、しかもツアーを行うというのは初めてなのではないだろうか。
テクノロジーが進歩したおかげで、その場にいなくてもライブができるようになったわけだが、実物のパフォーマンスをみたいと思っているファンはまだまだ多いだろう。これから先、このようなライブが主流になっていくのだろうか。

RELATED

大学構内のパーティでChief Keefの"Fanetoがプレイされ客がぶち上りすぎて床が抜ける

パーティでアンセムや好きな曲が掛かった際、バイブスが上がるあまり暴れてしまう人もいるだろう。しかし、時には自制心を保つことが必要になる場合もあるようだ。

Chief Keefが現在のシーンに与えたインパクトを解説する動画が公開

デビュー以来現在のラップシーンに多大な影響を与え続けているシカゴのラッパーChief Keefを特集したビデオがGeniusにて公開された。

6ix9ineがシカゴでホームレスになどに食料を支給しChief Keefなどを挑発

6ix9ineは、Chief Keefとその従兄弟のTadoeとのビーフをきっかけに、現在シカゴの多くのラッパーたちを敵に回してしまっている。そんな彼がいわばアウェーであるシカゴに乗り込んできた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。