Travis Scottが子供の産声を聴いたときに泣いたと語る

今年、愛娘であるStormiちゃんが誕生し、ますます親密な関係となったTravis ScottとKylie Jenner。そんな彼らが今回、GQのカバーストーリーに2人揃って登場。2人の出会いやStormiちゃんが産まれた時のことなどを語っている

今年の初めにKylieは第一子となるStormiちゃんを産んだわけだが、その時、Coachellaで初めてTravisと会ったときのことを思い出したという。「Coachellaは彼にとってはツアーのなかのひとつのライブでしかなかったのよ、だから彼は私に『俺はツアーに戻るけど、俺らは何を望んでいると思う?』と言ったの。私たちが互いに好感を抱いていることは明白だったからね。私は『あなたについて行くわ』と答えたの」と2人の出会いを明かした。

そして、最後に泣いたのはいつか問われたTravisはこう答えている。
「娘が産まれたときだよ。娘の産声を聞いた途端に涙が出てきたんだ」と父親らしい一面を覗かせた。

ちなみに、Travisは6月にリリースされたKanye WestとKid Cudiのジョイントアルバム『Kids See Ghosts』に参加予定だったらしく、バースをレコーディングしたそうだが結局使われなかったことを明かしている。加えて年末にリリースされると噂のニューアルバム『Astro World』については、
「俺は俺のベイビーをドロップしたくてたまらないよ」とだけ話し、具体的な情報は語らなかった。

このインタビューと同時にYoutubeで動画も公開されている。

『Kylie Jenner Asks Travis Scott 23Questions』と題されたこの動画は、Kylieが自身についての23個の問題を、Travisに出題し、彼がどれだけ答えられるかという企画だ。いつもクールなイメージのあるTravisだが、この動画ではKylieとの仲むつまじい様子を見ることが出来る。興味のある人は観てみてはいかがだろうか。

インタビュー全文はGQのウェブサイトで閲覧可能だ。

RELATED

今週のアルバムチャートの1位がTravis Scottの『Astroworld』ではなく6ix9ineの『DUMMY BOY』だったことが明らかに

先日、ニューアルバム『DUMMY BOY』を無事リリースした6ix9ine。現在、勾留中の彼にとってはいわゆる曰く付きのアルバムとなったわけだが、最新のビルボードアルバムチャートでは初登場1位を獲得すると見られていた。

Travis Scottの“Sicko Mode”が全米シングルチャートで1位に | Travisにとって初の快挙

今週月曜日、Travis Scottの“Sicko Mode”が全米シングルチャートで1位を獲得した。シングルで1位を記録したのはTravis Scottのキャリアで初めての快挙となる。

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。