Mac Millerが現在の心境を反映させた新曲”Self Care”のMVを公開しアルバム『Swimming』 のリリースを予告

先日、パートナーであったArianna Grandeとの破局も報道されたMac Miller。以来”Programs”、”Buttons”、”Small Worlds”などのトラックをドロップしてきた彼が今回新曲”Self Care”のMVを公開した。

“Programs“のMVは棺桶に閉じ込められたMac Millerが煙草をふかしつつ脱出を試みるという内容になっており、メロウなトラップビートの上に乗せられた「俺の後悔は送れなかったテキストメッセージみたいだ 大事な人が他人になって、遠くへ行ってしまった」といったリリックと共にMac Millerの現在の心情を暗示するような内容となっている。

同時にリリースが予告されたニューアルバム『Swimming』はトラックリストが公開されており、”Self Care”や先述の三曲を含め13曲が収録されるという。『Swimming』は来月8月にリリースされるというが、辛い別離を経たMac Millerの感情が昇華されたアルバムはどのような作品に仕上がるのだろうか。

RELATED

Mac Millerが生前にMadlibとのコラボアルバムをレコーディングしていたことが明らかに

昨年9月に急逝したMac Miller。結果的に遺作となってしまったアルバム『Swimming』をリリースした直後の死は多くのファンを悲しませたが、なんと彼の未発表アルバムをこれから聴くことが出来るかもしれない。

Ariana GrandeやThundercat、Juicy Jらが故Mac Millerの誕生日にメッセージを送る

去年突然その生涯を終えたMac Millerが27歳になるはずだった誕生日(1/19)に、交流を持っていた数多くのアーティスト達がSNS上で彼に温かいメッセージを送った。

Googleの「2018年で最も検索された言葉」にMac Miller、XXXTentacion、映画『ブラックパンサー』がランクイン

Googleが、毎年恒例となっている今年世界で最も検索された単語を紹介する年間検索リストを公開した。このランキングは「昨年に比べ検索された回数が急上昇した単語」を基準に選考されており、世界の人々が今年何に関心を持っていたかが分かるものとなっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。