Futureの新作『Beast Mode 2』がストリーミングオンリーだけのアルバムとして過去最高のセールスを達成

Futureが7/6にサプライズリリースした新作『Beast Mode 2』が、ある記録を打ち立てた。

ストリーミングビジネスの隆盛もあり、アメリカの音楽業界ではDrakeなどをはじめ、様々なセールス記録が樹立しやすくなっているが、Futureの記録もストリーミング関連だ。

『Beast Mode 2』は実はCDはもちろんiTunesなどダウンロードストアでは販売されておらず、Apple MusicやSpotifyなどストリーミングサイトだけのリリースとなっている。

ストリーミングだけでリリースされた作品といえばChance The Rapperの『Coloring Book』などがあげられる。『Beast Mode 2』は『Coloring Book』などを超える、7350万回の再生を達成し5万7000枚相当のセールスを達成した。

音楽の主要な聴かれ方がストリーミングに移ってきている中でFutureが選択したストリーミングリリースだけという選択は、今後のメインストリームになっていくのだろうか。

RELATED

FutureがJuice WRLDが自身の影響でリーンを飲んだと知って謝罪する

先日リリースされたFutureとJuice WRLDの二人によるアルバム『WRLD ON DRUGS』。わずか5日間でレコーディングされたことでも話題となっている同作だが、レコーディングの最中にJuice WRLDが何気なく発した言葉がFutureを深く反省させたという。

Cardi BとNicki MinajのビーフはFutureが原因説

もはや泥沼状態の様相を呈しているCardi BとNicki Minajのビーフだが、このビーフはFutureが原因で始まったという説が流れている。

Futureがファンの女性に偽のDMを公開される

Zaytovenとのプロジェクト「Beast Mode 2」のヒットも記憶に新しいFuture。そんなFutureが、ファンの女性に偽のDMでのやり取りを公開されるという目にあっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。