Futureの新作『Beast Mode 2』がストリーミングオンリーだけのアルバムとして過去最高のセールスを達成

Futureが7/6にサプライズリリースした新作『Beast Mode 2』が、ある記録を打ち立てた。

ストリーミングビジネスの隆盛もあり、アメリカの音楽業界ではDrakeなどをはじめ、様々なセールス記録が樹立しやすくなっているが、Futureの記録もストリーミング関連だ。

『Beast Mode 2』は実はCDはもちろんiTunesなどダウンロードストアでは販売されておらず、Apple MusicやSpotifyなどストリーミングサイトだけのリリースとなっている。

ストリーミングだけでリリースされた作品といえばChance The Rapperの『Coloring Book』などがあげられる。『Beast Mode 2』は『Coloring Book』などを超える、7350万回の再生を達成し5万7000枚相当のセールスを達成した。

音楽の主要な聴かれ方がストリーミングに移ってきている中でFutureが選択したストリーミングリリースだけという選択は、今後のメインストリームになっていくのだろうか。

RELATED

Zaytovenが当初Futureを良いアーティストと思っていなかったことを明かす

先月リリースされた『Beastmode 2』でストリーミングオンリーのアルバムとして過去最高のセールスを記録するなど、今や盤石の地位を築いているFutureとZaytovenのタッグ。二人の間には確固たる信頼関係があるように見えるが、Zaytovenが当初Futureを良いアーティストと思っていなかったということを明かしている。

ZaytovenがFutureの『Beast Mode』シリーズが成功した理由を語る

先日リリースされたFutureの『Beast Mode 2』は、ストリーミングのみのアルバムとして最高のセールスを記録するなど非常に大きな成功を収めた。

Futureが若手ラッパーに自身をリスペクトするよう要求

先週金曜日にミックステープ『Beast Mode 2』をサプライズリリースしたFutureが、若手のラッパーは自身のコピーであるとして物申している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。