Post Maloneがお母さんを怒らせるために顔にタトゥーを入れはじめたと語る

新作『Beerbongs & Bentleys』が2018年上半期にもっともヒットした作品となったPost Malone。

彼といえば、一時期から増え始めた顔のタトゥーが印象的だ。今、彼の顔にはおでこに有刺鉄線のタトゥー、右目の上に"Stay Away”、右目の下と左目の下に“Always Tired”とタトゥーが彫られている。

by @adamdegross

Postyさん(@postmalone)がシェアした投稿 -

そのPost Maloneが先週末のWireless Festivalの間に行われたTim Westwoodとのインタビューで顔のタトゥーについて語った。どうやら彼は“Always Tired”の他に“Always Getting Money”と“Always Drinking”と彫る選択肢もあったらしい。

そのことについて彼は、「俺は同じ文字数の言葉を入れたかったんだけど、‘Always’って‘Tired’より文字数多いよね、でも俺はその時疲れてて、気付かなかったんだよ」と明かした。そして、タトゥーを顔に入れはじめた理由を聞かれたPost Maloneはこう答えた。「全部母さんを怒らせるためだよ」おそらくジョークなのだろうが、調子にのって親子関係が崩れないように気をつけて欲しい。

ちなみにPost Maloneは昨年、TMZに同じように顔のタトゥーについて聞かれた際、「俺は母さんがとても怒っているのを知っているけど、俺は母さんを愛しているよ、母さんが1番だ。ごめんよ」と一応謝罪をしているが、彼の顔のタトゥーはさらに増えることとなった。

RELATED

Post Maloneのプライベートジェットのタイヤがパンクし緊急着陸

今年の上半期に最も売れたアーティストであり、フジロック2018での素晴らしいライブも記憶に新しいPost Malone。

Post Maloneが東京で顔にタトゥーを入れる

「顔にタトゥーを入れるのはお母さんを怒らせるため」と発言していたPost Maloneは、日本からの帰国後もどうやらまたお母さんの逆鱗に触れてしまうようだ。

Post Maloneが2日間限定のPOP UPをNubianで開催

本日から開催されるFUJI ROCK FESTIVALのために来日中のPost Maloneが、東京・原宿のセレクトショップNubianで2日間限定のPOP UPを、明日7/28(土)から開催する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。