Vince Staplesがなぜ自身のツアーが赤字になりがちなのかを語る

ひねくれ者というイメージが強いラッパーのVince Staplesだが、彼の発言には何かと考えさせられるのもまた事実。そんな彼がまた興味深い話題を提供してくれた。

Joe Buddenのインタビュー動画Pull Upのエピソード6に登場したVinceは、自身のツアーがたいてい赤字になってしまう理由を語った。

「俺は高い地位や高い給料を得るために、ラジオ、ゲームや「はい、マスターゲーム」に参加しないといけないんだ」と現在の音楽シーンへの皮肉を口にした彼は続けて、「俺が自分のライブにどれだけの金をかけてるか見てくれよ。たぶん、黒字のツアーよりも赤字のツアーのほうが多いだろうね。なぜなら俺は反転するスクリーンを使いたいし、全てのサウンドを使いたいし、それ以外もそういう要求をする。俺の要求は狂ってるんだよ」と述べた。

要するに、Vince自身が求めるライブのクオリティが高いため、お金が沢山かかってしまう結果、ツアーが赤字になってしまうことが多いというわけだ。

しかし、彼は2016年にDef Jamと契約をしているので、ツアーが赤字になる方が多いというのが本当だとしたら、いささかDef Jamとの契約について疑問が残る。

いずれにせよ、ライブを自分の求めるクオリティにするために赤字になることもいとわないVinceの心意気はファンにとっても嬉しいことだろう。
だが、この心意気が度を超しすぎてツアーが出来ないという事態が起こらないようにセーブしながら音楽活動を続けて欲しい。

RELATED

Vince Staplesが「自分の音楽はMac Miller無しには有り得なかった」と話す

愛される人柄で知られていたMac Miller、多くのアーティストが追悼のコメントを発表しているが個性派Vince Staplesがコメントを発表した。

VInce Staplesが「誰がNワードを言うことができるか」という議論は嫌いだと主張

Kendrick Lamarが先週のライブで、ステージにあげた白人ファンが、歌詞にあったNワードを一緒に歌ったのを注意したことについて伝えた。

Vince Staplesが引退のためのクラウドファンディングを取りやめると発表

連日、FNMNLでも報じているVince Staplesが、自身の引退の為のクラウドファンディングを行っている1件は、Vince側がクラウドファンディングを取りやめこれにて落着となったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。