Lil Uzi Vertがライブでファンに対し一緒に地獄に落ちるぞとあおる

故XXXTentacionやTrippie Reddなど、現在シーンの中心にいるラッパー達の中には、悪魔崇拝の描写を歌詞やMVに入れるラッパーが多いことは周知の事実だろう。Lil Uzi Vertもその1人で、そのスタイルはコンサートでも変わらないようだ。

Lil Uziは先週末にロンドンで行われたWireless Festivalに出演し、自身の代表曲“XO Tour Llif3”をパフォームする際に、ファン達にメッセージを送った。

歓喜しているファンに向かってLil Uziは、「今、天国に向かっている奴なんて誰ひとりいない。明らかにお前らは俺と一緒に地獄に落ちてるんだよ。」と彼らしいMCでさらに客を沸かせ、その後、曲が始まっても話を続けた彼は、
「もうすでにお前らは地獄にいる。ごめんな。お前らはもう出られない。閉じ込められてるんだ。終わりだ。お前らがこの曲を100万回聴いていようが、知らなかろうが、とにかく俺はお前らを愛している」と独特な表現でファンへの愛情を述べた。

Damn Uzi ? this Wireless Festival not the Rapture

Lil Uzi Vertさん(@uzi.london)がシェアした投稿 -

Lil Uziが2017年にリリースした楽曲の1つに“444+222”があるが、これは悪魔の数字と言われる666を表しており、新約聖書における獣を表す数字でもある。加えて、彼が最も敬愛しているアーティストが悪魔崇拝者であるMarilyn Mansonであることも少なからず影響を与えているのかもしれない。Mansonは以前、インタビューでLil Uziの次のアルバムに参加予定であることを明かしており、親交が深い。これらのことからもLil Uzi Vertは悪魔崇拝と近い関係にあるのは事実だろう。

ちなみに、昨日、FNMNLでも度々取り上げてきたJuice WRLDとLil Uzi Vertのコラボ楽曲“Wasted”がリリースされたので、聞いてみてはいかがだろうか。

RELATED

Lil Uzi Vertが本名のSymere Woods名義で8曲の新曲をリリースか

現在最新作に取り組んでいると言われるLil Uzi Vert。日本のアニメを参照した新曲"New Patek"も話題となっているが、他にも謎の新曲をリリースしたと言われている。

Lil Uzi Vertにパロディされ続けるカルト宗教団体「Heaven's Gate」残党が訴訟に向けて動き出す

Lil Uzi Vertの『Eternal Atake』と”New Patek”のアートワークカバーが、カルト宗教団体「ヘヴンズゲート」の著作権を侵害していると「ヘヴンズゲート」の残党メンバーが訴え、本格的に訴訟を起こすとのこと。

Lil Uzi Vertが日本のアニメのサントラをサンプリングし、歌詞にも引用した新曲“New Patek”をリリース

ニュープロジェクト『Eternal Atake』の発表が待たれるLil Uzi Vertが新曲“New Patek”をリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。