Apple Musicのアメリカでの登録者数がSpotifyを超えたとの報道

Apple MusicとSpotify、世界の2大ストリーミングプラットフォームはここ数年熾烈な争いが繰り広げられてきたが、とうとう先行していたSpotifyに対しApple Musicがアメリカの会員数で上回ったとDigital Music Newsが報じている

SpotifyとApple Musicの米会員数はともに2000万人を超えているが、Digital Music NewsによるとApple MusicはSpotifyを「現在わずかに上回って」おり、これからもこの差は広がっていく見込みだという。

ここでポイントとなるのは、Apple Musicには(試用期間を除いて)Spotifyのように無料で使えるコースが無いことである。全世界のApple Musicユーザー4500万人の中で三ヶ月のフリートライアルを利用しているのは500〜1000万人であり、これはSpotifyを無料で利用しているユーザーと比べて圧倒的に少ない数字である。

もちろんSpotifyにはプレイリスト機能の充実などApple Musicには無い利点も多くありどちらを使用するかは好みの部分も大きいが、これからどちらのサービスが優勢になっていくかに応じて作品のリリースのフォーマットやヒットの仕方も変わっていくため、目が離せない動きであると言える。

現在アメリカのApple MusicとSpotifyにおいては、Drakeの『Scorpion』がともに1日の再生回数記録を更新しておりトップを独走しているという。

AppleはこれからiTunes Storeでの音楽ダウンロードを廃止していくと報じられたことも話題となったが、これからのApple Musicはどのような変化を見せていくのだろうか?

RELATED

ストリーミング再生回数を操作して全米チャートの順位を上げる方法が問題視される

先日発表されたアメリカの上半期の音楽市場の売り上げは、75%がストリーミングサービスからのものとなっており、アメリカにおけるストリーミングサービスの一強時代は揺るぎないものとなっている。 それを裏付けるかのように全米ビルボードチャートは、ストリーミングサービスの有料会員の再生数を、自身のチャー...

アメリカの音楽市場の2018年上半期の売り上げが発表 | ストリーミングが売り上げ全体の75%を占める

アメリカ・レコード協会(RIAA)が、2018年上半期の売り上げを発表。前年2017年と比較して全体の売上高は10%伸び46億ドル(5177億円)。

Spotifyがインディーのアーティストが直接楽曲をアップロード出来る機能を追加

今まで、インディーのアーティストが自身の手で楽曲をアップロードするためのプラットフォームはSoundCloudとBandcampが主流だった。しかし今回、世界最大のストリーミングサービスSpotifyが、ディストリビューターなどを通さずに直接楽曲をアップロードできる機能を追加すると発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。