Drakeはトロントの経済に毎年4億4千万ドルも貢献している

地元トロントに対する強い愛情で知られているDrake。今年の初め発表したシングル"God's Plan"のMVにてフロリダの人々に100万ドルを渡したことも大きな話題となったが、もちろん地元の経済にもDrakeは大きな貢献をしているようだ。

トロントのマーケティングコンサルタントであるGordon Hendrenは、「私たちは計算によって、Drakeがトロントの経済に4億4千万ドルもの貢献をしていることを明らかにしました。」とVICE Newsに語っている。

この数字は、毎年トロントが得る経済効果の5パーセントにも及ぶという。
「Drakeは都市のイメージを変えただけではなく、いまや彼の成功はトロントという都市の成功と同じと言える」とHendrenは言う。

さらにDrakeは、地元の経済だけではなく行政にもメリットをもたらしているという。トロント市議のMichael Thompsonは、VICE Newsに「私はこの前テクノロジーのカンファレンスをトロントに誘致するためにニューオーリンズに行きました。そこでトロントについて話したとき、ここがDrakeの故郷だと触れると、その場の人々は途端に興奮した様子を見せました。」と語っている。DrakeはそのキャラクターがTwitterなどインターネットにおいてミームになったりネタにされることでもよく知られているが、そのネームバリューと功績はやはり偉大と言わざるを得ない。ここまで地元にコミットし、貢献しているアーティストはシーンの中でもかなり珍しいと言えるだろう。

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

Drakeが今年SpotifyとApple Musicで最もストリーミングされたアーティストに

今年はDrakeの年だったということだろうか。SpotifyとApple Musicが今年、最もストリーミングされたアーティストを発表し、Drakeが2冠を達成するという快挙を成し遂げた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。