Nasが出資したオンライン薬局サービス『PillPack』をAmazonが10億ドルで買収

6月にKanye Westのプロデュースによる最新作『Nasir』をリリースし高い評価を得たNasだが、音楽の面のみならず投資家としても大成功を収めたようだ。Nasが出資しているサービス『PillPack』が、今回Amazonに10億ドルで買収されたという。

PillPackは処方箋をオンラインで管理し、薬を郵送するというオンライン薬局サービスで、Amazonが今後予定しているヘルスケア市場への展開に大きな利益をもたらすそうだ。

Nasは以前から投資に熱中していたことが知られており、QueensBridge Venture Partnersという投資会社を設立し、過去にはコオロギから作られたプロテインバーを製造するベンチャー企業EXOや、海外のヒップホップやポップミュージックの情報を得るのに欠かせないサイトGeniusに出資していたことも知られている。

Nasが今回のPillPackの買収によってどれだけの利益を得たのかは明らかになっていないが、彼が以前出資していた企業RingがAmazonに買収された際には4000万ドルを得たという。

Nasは今年の初め、長く続いていたシンガーで元妻のKelisとの離婚訴訟に「彼女とその息子に毎月8000ドルを払う」という形で決着がついたことも報道されていたが、今回アルバムの成功とビジネスの成功が重なったことで、Nasは笑いが止まらないといったところだろうか。

RELATED

Nasの『Nasir』のカバーアートとトラックがThe Architectから剽窃したものである可能性が浮上

6月にKanye Westがプロデュースした5作品の内の一つとして発表されたNasのアルバム『Nasir』。同作のカバーアートとトラックが他のプロデューサーからの剽窃ではないか、との疑惑が持ち上がっている。

Nasが2年前にSwizz Beatzプロデュースのフルアルバムをレコーディング済み

Swizz BeatzがPitchforkのインタビューにて、Nasと2年前にすでにフルアルバムを完成させていたと明かした。

Nasのニューアルバム『Nasir』のカバーアートに隠された歴史

Kanye Westが5月から6月にかけてリリースする5作品のうちの4作品目であるNasのニューアルバム『Nasir』が、本日リリースされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。