Nasが2年前にSwizz Beatzプロデュースのフルアルバムをレコーディング済み

Swizz BeatzがPitchforkのインタビューにて、Nasと2年前にすでにフルアルバムを完成させていたと明かした。

ここ数年で70曲作ったと語るSwizz Beatz。そのうち10曲は近々リリースされる彼のアルバム『Poison』に収録されるようだ。しかし他にも2016年の段階で、1週間で完成させたNasの「スーパークレイジーでマニアックな」フルアルバムが完成していたという。

「そのアルバムは2年まえにLAで1週間で作り上げたやつだよ」とSwizz Beatzは語る。「毎日スタジオに12時に集合して、そっからバンバンバンって感じで全部レコーディングした。全部録り終えてある。イルなプロセスだった」と当時のレコーディングについて明かしている。

Dj Khaledが2017年にbillboardのインタビューで、「Nasのアルバムはまだ未完成だが2017年にリリースされる」と言及していたのはこの幻のアルバムについてだったのかもしれない。

このSwizz Beatzプロデュースによる、Nasのアルバムを聞ける日が訪れるのかどうかは不明である。しかしそれに収録予定であった1曲がリリース予定の彼の次作『Posion』に収録されるという。

『Posion』はSwizz Beatzが今後リリースすると明かしている5作のアルバムのうちの1つ。Nasの他にも様々なビッグネームがフィーチャリングするとのことであり、Kendrick Lamar, Lil Wayne, Pusha-T, Young Thug, 2 Chainz, The Lox, Giggs, Jim Jonesなどが参加するとのこと。

RELATED

BallyとSHOK-1によるコラボコレクション | キュレーターはSwizz Beatzで渋谷に巨大グラフィティも登場

スイスのブランドBallyとイギリスのストリートアーティストSHOK-1による、コラボコレクションが発表された。このコレクションを実現させたのは2000年代のトップクリエイターSwizz Beatzだ。

Nasの『Nasir』のカバーアートとトラックがThe Architectから剽窃したものである可能性が浮上

6月にKanye Westがプロデュースした5作品の内の一つとして発表されたNasのアルバム『Nasir』。同作のカバーアートとトラックが他のプロデューサーからの剽窃ではないか、との疑惑が持ち上がっている。

Nasが出資したオンライン薬局サービス『PillPack』をAmazonが10億ドルで買収

6月にKanye Westのプロデュースによる最新作『Nasir』をリリースし高い評価を得たNasだが、音楽の面のみならず投資家としても大成功を収めたようだ。Nasが出資しているサービス『PillPack』が、今回Amazonに10億ドルで買収されたという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。