Cardi Bの"I Like It feat. Bad Bunny & J Balvin"が全米シングルチャート1位を獲得 | 史上初めて複数の楽曲を1位に送り込んだ女性ラッパーに

昨年の"Bodak Yellow"の大ヒットで、一躍トップスターの仲間入りを果たしたCardi Bがまたしても偉業を達成した。

全米シングルチャート1位を獲得した"Bodak Yellow"でCardi Bは全米シングルチャート1位を獲得した史上5人目の女性ラッパーとなったが、デビューアルバム『Invasion of Privacy』に収録されていた、"I Like It feat. Bad Bunny & J Balvin"が最新のチャートで1位を獲得した。

これによりCardi Bは史上初めて複数の曲を全米シングルチャート1位に送り込んだ女性ラッパーの栄誉を獲得したとBillboardが報じている

"I Like It"は、ラテン系のアーティストPete Rodriguezが1967年にリリースした"I Like It Like That"をサンプリングしており、これまでにThe Blackout AllstarsやTito Nievesなどがカバーしたことでも知られている。元々ラテン系のルーツを持つCardi Bと共にフィーチャーされているラテンシーンのトップアーティストBad BunnyとJ Balvinの2人にとっては今回が初めての全米チャート1位獲得となり、グローバルな広がりをみせるラテンシーンを象徴するヒットチューンともいえそうだ。

RELATED

Maroon 5がスーパーボウルハーフタイムショーでゲストに迎えるアーティストを見つけられていないことが明らかに

Rihannaの辞退など紆余曲折の末に、Maroon 5が出演することに決まった来年のスーパーボウルハーフタイムショー。そんなMaroon 5が、現在ハーフタイムショーにてゲストに迎えるアーティストのオファーに難航していることが伝えられている。

OffsetがCardi Bとの破局について「Cardiが恋しい」と発言

OffsetがCardi Bとの破局後にTwitter上で、「くそ恋しいよ、Cardi」と切ない胸の内を明かしている。

Cardi Bが「Offsetと破局した」と明かす

先日には、クリスマスデコレーションの支払いをかけてラップバトルをするなど、仲睦まじい様子を披露していたCardi BとOffsetの夫婦。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。