YouTubeで規制されたUKドリルミュージックのビデオがアダルトサイトPornhubに投稿され始める

暴力や殺人をテーマとするギャングスタヒップホップのジャンル、UKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されたというニュースが先日報道された。様々な動画投稿サイトで規制されたUKドリルは、代わりに規制のゆるいアダルト動画サイト『Pornhub』に次々と投稿され始めたとのこと。

ドリル・ミュージックとはシカゴ発祥のヒップホップジャンル。シカゴの治安の悪さに影響を受けた暴力的な歌詞が特徴であり、暴力や殺人、実際の事件などをテーマとしている。2010年頃から10代のラッパーを中心に広まり、アトランタのトラップミュージックや世界各国のシーンに影響を与えたと言われている。その人気はロンドンにまで渡り、独自に進化したUKドリルシーンが盛り上がりを見せていた。

しかし先日、暴力的な表現があるという理由でロンドン警視庁の申し立てによって30本のUKドリルの映像が削除されてしまった。Youtubeだけではなく、他の動画配信サイトからもバンされている。

この措置を受けて、ファンやアーティストはUKドリルの映像をアダルトサイト『Pornhub』に投稿し始めるという動きを見せた。規制のゆるいPornhubであれば暴力的な表現を含むUKドリルの映像であっても、なかなか削除されないと考えたようだ。

Pornhubを始めとするアダルト動画サイトは、版権に厳しいYoutubeなどの動画監視システムとは異なる方法で動画を監視していることが削除されない理由だという。

アダルト動画以外の動画がPornhubに投稿されるのは大変めずらしいのだが、音楽を投稿されたのは今回が初めてではない。2016年にKanye Westが『The Life of Pablo』をTIDAL限定で配信した際も、定額制のストリーミングサービス以外でアルバムを聞きたいと考えた何者かがPornhubにフルアルバムを投稿した。

さらに以前、PornHubはオリジナルのレコードレーベルを立ち上げ、サイトのテーマソングを募集するコンテストを開催したこともある。審査員はT-Painなどを始めとする豪華アーティストやプロデューサーであった。

当時、PornhubのPR担当であるMatt Blakeは「Pornhubの開始当初から強い音楽の存在を目にしてきた。自分の音楽をPornhubに投稿するアーティストたちがいるんだ。無修正版のトラックやR-指定バージョンの歌詞のものをね。エクスクルーシヴなミュージックビデオを限定配信することでバズっていた人もいる」と語っている通りPornhubと音楽は以前から密接な関係を持っていた。今後、規制される可能性のある音楽はPornhubに投稿されるのが主流になるのかもしれない。

UKドリルの人気クルー、1101のミュージックビデオはさっそくPornhubに投稿されている。
https://jp.pornhub.com/view_video.php?viewkey=ph5af753cc1d31d
しかし1101は音楽活動が警察によって禁止に追い込まれているため、Pornhubからも削除される可能性がある。ロンドン警視庁が削除を申し立てた場合Pornhubがどのように対処するのか注目である。

RELATED

Kanye Westがクリエイティブ・ディレクターを務めるPornhub Awardsが開催中 | KanyeとLil Pumpのコラボ曲のMVも放送予定

以前、人気テレビ番組『jimmy Kimmel Live!』に出演した際にポルノ動画サイトのPornhubを見ていると発言したことで、Pornhubから永久無料会員権をプレゼントされたKanye West。

Kanye WestがPornhubの永久無料会員権を贈呈される

先日TV番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演したKanye West、2人の娘ができたことで女性に対する見方は変わったかという質問を、司会のKimmelからされている。

UKドリルのクルー1011の音楽活動が警察により実質的に禁止に追い込まれる

先日ロンドンで盛り上がりをみせているUKドリルのアーティストたちのミュージックビデオが、暴力的だとして警察の申し立てによりYouTubeから削除されたというニュースを伝えた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。