Drakeの新作『Scorpion』がApple MusicとSpotifyの1日の再生記録を更新

ヒットメーカーの面目躍如といったところだろうか、Drakeがリリースした25曲入りのニューアルバム『Scorpion』が、SpotifyとApple Musicの1日の再生回数記録を更新した。

Drakeのニューアルバム『Scorpion』は、リリース日の6/30(金)にApple Musicで1億7000万回の再生回数を記録し、自身の前作『More Life』で記録していた9000万回の記録を大幅に更新した。

さらにSpotifyでも『Scorpion』は、1億3200万回の再生回数を達成し、こちらはPost Maloneが『beerbongs & bentleys』で持っていた1億2700万回の記録を塗り替えた。

Drakeは、アルバムリリース前にPusha Tとのビーフがあり、実質的には敗北を喫し、新作のセールスに影響を与えるのではないかという見方もあったが、大方の予測通り全く影響はなく強さを見せつけている。

RELATED

Pusha Tのライブ中スクリーンに“F**k Drake”の文字が表示されるも本人は関与を否定

ヒップホップシーンにおいて今年の上半期最大の話題になったと言っても過言ではないPusha TとDrakeのビーフ。Pusha Tによる強烈なディス曲“The Story of Adidon”に対するDrakeの返答が無いままビーフは終結したが、半年が経過した現在もその余波は残っているようだ。

Kris WuのアメリカのiTunesでのセールスが不正に操作された疑いでデータ会社が調査に乗り出す

EXOの元メンバーであり、現在はKris Wu名義で活動を行っている中国人シンガーのウー・イーファン。 以前リリースした“Deserve”ではTravis Scottをフィーチャリングに迎え、見事アメリカのiTunesで1位を獲得した。

Travis ScottのA&Rが「"SICKO MODE"のDrakeのヴァースは『Astroworld』がリリースされる当日に完成した」と明かす

今年を代表するアルバムの一つとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。その中でもDrakeをフィーチャーした“SICKO MODE”は非常に人気が高い一曲だが、Drakeが同曲を制作した時の興味深いエピソードがTravis ScottのA&Rを務めるSickamoreによって明かされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。