Drakeの新作『Scorpion』がApple MusicとSpotifyの1日の再生記録を更新

ヒットメーカーの面目躍如といったところだろうか、Drakeがリリースした25曲入りのニューアルバム『Scorpion』が、SpotifyとApple Musicの1日の再生回数記録を更新した。

Drakeのニューアルバム『Scorpion』は、リリース日の6/30(金)にApple Musicで1億7000万回の再生回数を記録し、自身の前作『More Life』で記録していた9000万回の記録を大幅に更新した。

さらにSpotifyでも『Scorpion』は、1億3200万回の再生回数を達成し、こちらはPost Maloneが『beerbongs & bentleys』で持っていた1億2700万回の記録を塗り替えた。

Drakeは、アルバムリリース前にPusha Tとのビーフがあり、実質的には敗北を喫し、新作のセールスに影響を与えるのではないかという見方もあったが、大方の予測通り全く影響はなく強さを見せつけている。

RELATED

Spotifyがインディーのアーティストが直接楽曲をアップロード出来る機能を追加

今まで、インディーのアーティストが自身の手で楽曲をアップロードするためのプラットフォームはSoundCloudとBandcampが主流だった。しかし今回、世界最大のストリーミングサービスSpotifyが、ディストリビューターなどを通さずに直接楽曲をアップロードできる機能を追加すると発表した。

米国上院議会が音楽プロデューサーにも印税が支払われる法案を可決

9/18に米国の上院議会は、音楽の著作権の改善とストリーミングの収益の分配を見直す法案を、満場一致で可決した。

Def Jamの重役がA&Rの意義について語る

若いミュージシャンがブレイクすることは過去に比べますます簡単になってきている。SNSやSoundCloudのようなサイトなど様々なプラットフォームを利用してインデペンデントな活動を行い、レーベルと契約をしないアーティストも増えてきているなか、レーベルのA&Rがスカウトをするというスタイルは廃れつつあるという意見もある。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。