6ix9ineとJuice WRLDがビーフ状態に突入

6ix9ineといえば様々なラッパーとのビーフを絶え間なく抱えていることで知られているが、今回またしても新たなビーフが発生してしまったようだ。

“Lucid Dream”や”All Girls are the Same”などのヒットで知られるラッパーのJuice WRLDが、ライブで「Fxxk 6ix9ine」とチャントするようにファンを煽っていた動画が公開された。

Juice WRLDは6/27のロンドンでのライブにおいて、ファンに「fxxk 6ix9ine」と叫ぶよう呼びかけ、その様子を動画で撮影。ひとしきりファンに叫ばせたのち自らも同様の文句を叫び「fxxk nxxxa」と吐き捨てて次の曲のパフォーマンスを始めたという。

So this happened in London tonight + DM me for cheap promo ?

Lil Uzi Vertさん(@uzi.london)がシェアした投稿 -

Juice WRLDと6ix9ineの直接的な関係は無いため一見発生した理由のわからないこのビーフだが、おそらく6ix9ineがJuice WRLDの故郷であるシカゴ出身のChief Keefとビーフを行なっていることが原因と考えられる。6ix9ineはシカゴでの慈善活動を行うなどしてChief Keefを挑発した他、Chief Keefが6ix9ineの地元ニューヨークのホテルで銃撃を受け、6ix9ineに操作の手が及ぶなど緊張状態が続いている。

Juice WRLDはChief Keefに対する強いリスペクトを様々な場で表明しているため、今回の件はChief Keefの援護射撃といったところだろう。

6ix9ineはこのディスに対して、「俺は今ワールドツアーをやったりしていて、とてもポジティブな状態なんだ。だから俺をディスしないでくれ…じゃないとお前を振った元カノを探し出して、俺の部屋に連れ込んでヤってやるぞ」と彼らしい下品なコメントで応戦している。

6ix9ineはいい加減ビーフにはうんざりしていると述べていたこともあったが、彼とシカゴのラッパーたちとのビーフが終わりを迎えることはあるのだろうか?

RELATED

6ix9ineが脳腫瘍のファンの少年に会いに行き家族の1年分の家賃を寄付

6ix9ineといえば多くの問題行動や複数のラッパーたちとのビーフでお騒がせラッパーとして知られているが、慈善活動を積極的に行うという意外な一面も持ち合わせている。以前はシカゴ出身のChief Keefを挑発する目的でシカゴのホームレスに食料を支給していたことをFNMNLでも報じたが、そんな彼が今回、難病を抱えたファンの少年に会いに行ったようだ。

6ix9ineがライブを開催予定の大学の学生から中止を求められる

性犯罪疑惑をはじめ、YGや他のラッパーへの攻撃など物議を醸す行動を続けるラッパーの6ix9ineには、当然のように多くの批判が集まっている。しかし彼のマネージャーは、「6ix9ineは単に言論の自由を行使しているだけ」と彼の問題発言を容認する姿勢を示しており、彼の行動の方向性は今後も変わらないものとみられている。

6ix9ineのマネージャーが「彼のビーフは言論の自由を行使しているだけ」と語る

Chief Keefを代表とするシカゴ勢や、さらにYGなど様々なラッパーたちとのビーフを抱えている6ix9ine。Nicki Minajとのコラボシングル”FEFE”がヒットするなど、危険と隣り合わせながらも成功を収めている彼のマネージャーが、6ix9ineに対する自身の意見を公表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。