Chance The RapperがKanye Westとアルバムを作る予定であることを明かす

5月から6月にかけて、自身の関連作を5つもリリースしたKanye West。
先日には、1年間にわたり、毎週1枚の作品を作りたいと語っていたのも明らかになったが、次に彼が手がけるのはChance The Rapperのアルバムのようだ。

Peter Rosenbergがホストを務めるComplexのインターネット番組『Open Late』に出演したChanceは「俺はYeと一緒に7曲作るつもりだ」と2人のコラボプロジェクトが存在することを認めた。Chanceの発言からわかるように、この作品も、Kanyeが一挙に発表した5作品と同じように7曲構成となるらしい。

まだリリース日などの詳細は明らかになっていないものの、Chanceは「7月頃から作り始めると思うよ」と述べている。これまでお互いの作品に参加してきた両者のコラボプロジェクトだけあって、2人のファン達の期待はいやでも高まっていることだろう。

一方、長らく噂されてきたChance The RapperとChildish Gambinoのコラボ作品の制作は順調に進んでいるようだ。ChanceはGambinoとのプロジェクトは一生懸命制作しているよ。6曲作り終わったけど、全部素晴らしいものだ。でもこのアルバムは14曲以上になると思う」と語った。

Chance The Rapperは自身が2016年にフリー公開をして大きな話題になったミックステープ『Coloring Book』を発表して以来、まとまった作品をリリースしていないが、彼は新たな作品を心待ちにしているファン達の期待に応えることができるだろうか。ちなみにChance The Rapperは今年のSummer Sonicへの出演が決まっている。

RELATED

Kanye Westが警察によって射殺された警備員の遺族を支援

警察官によって射殺されたシカゴの警備員Jamel Robersonの遺族をKanye Westが支援したことが明らかになった。

Pharrell WilliamsがKanye Westに「幸福を祈る」と呼びかけ、Kid Cudiを「自分にとって史上最高のラッパー」と絶賛

Complexにて公開されたインタビュー動画で、Pharrell WilliamsがKanye WestやKid Cudiについて語っている。

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。