Chance The RapperがKanye Westとアルバムを作る予定であることを明かす

5月から6月にかけて、自身の関連作を5つもリリースしたKanye West。
先日には、1年間にわたり、毎週1枚の作品を作りたいと語っていたのも明らかになったが、次に彼が手がけるのはChance The Rapperのアルバムのようだ。

Peter Rosenbergがホストを務めるComplexのインターネット番組『Open Late』に出演したChanceは「俺はYeと一緒に7曲作るつもりだ」と2人のコラボプロジェクトが存在することを認めた。Chanceの発言からわかるように、この作品も、Kanyeが一挙に発表した5作品と同じように7曲構成となるらしい。

まだリリース日などの詳細は明らかになっていないものの、Chanceは「7月頃から作り始めると思うよ」と述べている。これまでお互いの作品に参加してきた両者のコラボプロジェクトだけあって、2人のファン達の期待はいやでも高まっていることだろう。

一方、長らく噂されてきたChance The RapperとChildish Gambinoのコラボ作品の制作は順調に進んでいるようだ。ChanceはGambinoとのプロジェクトは一生懸命制作しているよ。6曲作り終わったけど、全部素晴らしいものだ。でもこのアルバムは14曲以上になると思う」と語った。

Chance The Rapperは自身が2016年にフリー公開をして大きな話題になったミックステープ『Coloring Book』を発表して以来、まとまった作品をリリースしていないが、彼は新たな作品を心待ちにしているファン達の期待に応えることができるだろうか。ちなみにChance The Rapperは今年のSummer Sonicへの出演が決まっている。

RELATED

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

Chance The Rapperが婚約者のために地元のショップを貸し切りに

先日、7月に待望のニューアルバムをリリースすることを宣言したChance The Rapper。順風満帆な音楽活動を送っている印象のある彼だが、私生活も充実の一途をたどっているようだ。今週月曜日、Chanceは婚約者であるKirsten Corleyに思う存分買い物を楽しんでもらうため、地元シカゴのBarneysを貸し切りにしたとPage Sixが伝えている。

Chance The Rapperが7月にニューアルバムをリリースすると予告

Kanye Westとのコラボアルバム『Good Ass Job』を制作しているとしながらも2016年の傑作『Coloring Book』以来まとまった形の作品をリリースしていないChance The Rapper。そんな彼が、今年の7月にアルバムをリリースすることをアナウンスしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。