Kendrick Lamarが「Eminemの『The Marshall Mathers LP』が人生を変えた」と語る

ヒップホップアーティストとして初のピューリッツアー賞受賞を果たし、名実ともに偉大なるアーティストの1人となったKendrick Lamar。

今年のフジロックへの出演も決定している彼がVanity Fairのロングインタビューに登場した。

まず、なぜ1つのバースにそんなにも沢山の言葉や音節を入れることができるのかを聞かれたKendrickは、「俺のヒップホップへの愛のおかげだね」と語り、続けて、
「おそらくEminemは史上最高のリリシストだ。The Marshall Mathers LPは俺の人生を変えたよ」とEminemに大きな影響を受けたことを明かした。確かにEminemもKendrickもリリックに多くの意味が込められた楽曲が多く、Kendrickが影響を受けたというのもうなずける。

また、Kendrickは5月に行われたコンサートで、ステージ上にあげた白人ファンがNワードを歌ってしまった件について、これらの言葉は黒人社会の言葉だと語り、「俺がこの地球に生まれて30年経ったけど、白人の人にお前には出来ないと言われたことがたくさんあった。でも、素晴らしいと認められ、都会に家も買えた。だから俺がもしこれは俺の言葉だって言ったら、俺にその言葉を使わせてほしい、頼むから使わせてほしいんだ」と黒人社会の言葉について自身の思いを述べた。

他にもKendrickは自身がプロデュースしたBlack Pantherのサウンドトラックや、ラッパーとして初めてのピューリッツァー賞を受賞したことについてなどをこのインタビューで語っている。

RELATED

グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

Kendrick Lamarが来年ニューアルバムをリリースか?

2017年にアルバム『DAMN.』をリリースし、次なるアルバムのリリースが期待されているKendrick Lamar。そんな彼が来年ニューアルバムをリリースするかもしれない。

グラミー賞候補作が発表 | 主要賞にヒップホップ作品が続々とノミネート

61回目となるグラミー賞の候補作が発表となった。今年の最多ノミネートは映画『ブラックパンサー』のサントラなどの効果でKendrick LamarがSZAとの"All The Stars"で最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などの主要賞を含む8部門にノミネート。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。