Damon Albarnが「おれはサンプリングはしない、おれは音楽を作っている」と発言

日本に来日したばかりのGorillazの産みの親で、BlurのフロントマンでもあるDamon AlbarnがKanye Westに対する自身の考えを、フランスのメディアL'Obsに語ったインタビューが話題となっている。

Damon AlbarnはKanyeがプロデュースしたPusha-Tのニューアルバム『DAYTONA』について訊かれ「俺はサンプリングなんかしない、俺は音楽を作っているんだ」と答えたとDJBoothが指摘している。

また、DamonはPaul McCartneyがKanye Westとコラボすると知った際、Paulに警告を送っていたことも明かした。「KanyeはPaulを罠にはめた」と語るDamonは、「PaulがKanyeと一緒に楽曲を作るって決める前、俺はPaulに『用心しろ』ってテキストメッセージを送ったんだけど、無視されたよ。自分のやりたいことをやる。それがPaul McCartneyなんだ。」と述べた。
Paulがこのメッセージを無視した結果が、“FourFiveSeconds”などの曲の誕生につながったというわけだ。

このようにDamonはKanye Westに謎の対抗意識を燃やしているが、実際のところGorillazとサンプリングの関係はどうなのだろうか。

 

これは2001年から2017年までのGorillazの楽曲に用いられたサンプルをまとめたものである。この動画からわかるように実はGorillazも数多くのサンプリングを行ってきている。さらに、GorillazはこれまでDe La SoulやMF DOOMなど様々なヒップホップアーティストとコラボしてきており、ヒップホップに根付いているサンプリングの文化を理解していないとは到底思えない。De La Soulのようなサンプリングを多用するアーティストとコラボしてきたのならなおさらだ。今回のDamonのこの発言の意図はなんだったのか疑問符が残る。

RELATED

Kanye Westが警察によって射殺された警備員の遺族を支援

警察官によって射殺されたシカゴの警備員Jamel Robersonの遺族をKanye Westが支援したことが明らかになった。

Pharrell WilliamsがKanye Westに「幸福を祈る」と呼びかけ、Kid Cudiを「自分にとって史上最高のラッパー」と絶賛

Complexにて公開されたインタビュー動画で、Pharrell WilliamsがKanye WestやKid Cudiについて語っている。

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。