W杯で韓国がドイツを倒したことで予選突破ができたメキシコでBTSの再生回数が大幅アップ | 人気歌手は差別的リアクションで批判を集める

MUSIC  2018.06.29  FNMNL編集部

現在開催されているロシアワールドカップで、これまで一番のサプライズといえば前回チャンピオンのドイツの予選リーグ敗退だ。

最終戦で韓国がドイツを破ったことで、メキシコがスウェーデンと共に予選リーグを突破することになったが、メキシコである異変が起こっている。

メキシコは最終戦でスウェーデンに勝つか引き分ければ自力で決勝トーナメント進出が可能だったが、0-3で完敗。最後の枠を争っていたドイツが韓国に負けるか引き分ける必要があった。結果は、ドイツが韓国に0-2で敗退し、滑り込みでメキシコの決勝トーナメント進出が決まった。

この結果にメキシコでは突然の韓国フィーバーがスタート、人気K-PopグループBTSの最新ヒット曲"Fake Love"がメキシコのiTunesチャートを急上昇し、1日で31位も順位をあげている。

また勝利後にメキシコのラジオが"Fake Love"をプレイする模様がTwitterに投稿されている。

メキシコの予選リーグ突破をアシストした韓国に対して粋な恩返しともいえるが、その一方で顰蹙を買ったリアクションを行ったのがメキシコの人気シンガーAleks Syntekだ。彼は昨年も現在ラテンコミュニティーで大きな流行となっているレゲトンについて、「低俗で、ポルノのようだ」と発言し大きな批判を浴びているが、今回は韓国人を嘲笑するようなジェスチャーを行い、日本語や韓国語らしきものを交えた謎の言語でリアクションを行い、大きな批判を集めている。

MUSIC

FASHION

CULTURE