平均的なアメリカのミュージシャンは2万5000ドル以下の収入であることが明らかに

ストリーミングプラットフォームの盛り上がりもあり、過去最高の業績をあげているアメリカの音楽産業だが、平均的なミュージシャンにとっては、無縁だということが新たな調査でわかった。

1227人のプロ・アマチュアアーティストを対象に行ったこの調査で、平均的なアメリカのミュージシャンは2017年に3万5000ドルの収入があり、このうち音楽関連で得たものは2万1000ドル(231万円)だという。

また2012年~2016年に行われた調査の平均は2万ドル~2万5000ドルであり、音楽業界の業績の好調さとアーティストたちの収入は比例していないこともわかっている。調査を行った Music Industry Research Associationによれば61%のアーティストがこの収入では生活費に足りていないと回答している。

さらに音楽関連の収入の内訳でいうと、ライブが一番大きく、それに続くのは音楽レッスンや、教会や結婚式でのパフォーマンスで、音源での収入はそれより低いという。ちなみに好調が続くストリーミングサービスでの収入の8割はメジャー3レーベルが獲得していることもわかっている。

またこの調査で女性のアーティストの比率は2016年は全体の34.2%で、2010年の35.1%より低下し、1990年の32.9%と比べても大きくは増加していない。また女性のアーティストのうち67%がセクハラを受けた経験があり、72%が性差別を受けたと回答。さらに全体の10%のアーティストが自殺願望を抱いたことがあり、これはミュージシャン以外も含んだ場合の3~5%より大きい数値となった。

若手のラッパーたちが数百万ドルの契約金を手にするのは、本当に業界の一部分の話でしかないのがわかるアンケート結果だ。

 

RELATED

ミュージシャンは音楽業界全体の売り上げのうち12%を得ていることが判明 | 変わりつつある産業構造

先日、2018年上半期のアメリカにおける音楽の売り上げのうち、ヒップホップが2年連続で全体1位のシェアを獲得したことを取り上げたが、実際のところ、その売り上げはどのくらいの割合でアーティストに還元されているのだろうか?

ストリーミングで儲かるアメリカのメジャーレーベル|ユニバーサルとソニーは1時間毎に50万ドルの収益をあげていると判明

『Music Business Worldwide』がユニバーサルミュージック(UMG)とソニーミュージックの今年の上半期の決算結果を分析した。今年1月~6月の2社のストリーミングによる収入の合計は2600億円以上。計算すると1時間ごとにストリーミングだけで5500万円以上の収入を得ていることになる。

ヒップホップとR&Bの売り上げがアメリカでさらに拡大 | ロックを引き離し売上全体の31%のシェアを獲得

データ調査会社のニールセンが、2018年上半期のアメリカにおける音楽売り上げデータを発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。