サニーデイ・サービスのリミックスプロジェクトにIllicit Tsuboi、CRZKNY、鈴木慶一が登場し遂に完結

サニーデイ・サービスがSpotify上で公開しているリミックスプロジェクト『the SEA』に、新たにIllicit Tsuboi、CRZKNY、鈴木慶一のリミックスが追加され、遂に18曲が出揃った。

アルバム『the CITY』のリミックスプロジェクトとしてスタートした『the SEA』。曽我部恵一による"FUCK YOU音頭"から始まり、これまでにDJ MAYAKUや、荒井優作、KASHIF、MURO、VaVaなど多彩な面々によるリミックスが公開されてきた。

最後を締めくくるのは"おばあちゃんのドライフラワー (鈴木慶一 Remix)"、"23時59分 feat. MC松島 (The Anticipation Illicit Tsuboi Remix)"、"町は光でいっぱい (CRZKNY Remix)"の3曲となる。

鈴木慶一があらゆる技巧を駆使し謎に満ちた音の迷宮へ連れていく"おばあちゃんのドライフラワー"、KASHIFや、なかじまはじめ、テンテンコも参加しコズミックなロック交響曲へとアップデートされたThe Anticipation Illicit Tsuboiによる"23時59分 feat. MC松島"。CRZKNYは"町は光でいっぱい"を破壊され荒涼とした美しさに変えた。

Info

SEA1600

サニーデイ・サービス Spotify プレイリスト the SEA
5月8日(火)配信開始

<収録曲(現在)>
1. FUCK YOU音頭 (「ラブソング 2」REMIX / 曽我部恵一)
2. 熱帯低気圧 (betcover!! Remix)
3. 甲州街道の十二月 (石田彰 Remix)
4. 雨はやんだ feat. 尾崎友直 (Have a Nice Day! Remix)
5. 音楽 (Fumiya Tanaka Remix)
6. すべての若き動物たち HAIR STYLISTICS REMIX (MASONNA Remix)
7. ザッピング feat. 髙城晶平(cero) (藤井洋平 Remix)
8. ジュース feat. bonstar (平賀さち枝 Cover)
9. 完全な夜の作り方 (DJ MAYAKU Remix)
10. さよならプールボーイ feat. MGF (原摩利彦 Remix)
11. ジーン・セバーグ (荒井優作 Remix)
12. シックボーイ組曲 (Ahh! Folly Jet Remix)
13. 卒業 (KASHIF Remix)
14. イン・ザ・サン・アゲイン (MURO Remix)
15. Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)
16. おばあちゃんのドライフラワー (鈴木慶一 Remix)
17. 23時59分 feat. MC松島 (The Anticipation Illicit Tsuboi Remix)
18. 町は光でいっぱい (CRZKNY Remix)

RELATED

CRZKNYがDJ ANACONDA名義でシカゴ・ゲットーハウスにオマージュを捧げるアルバムをリリース

日本のジューク・フットワークプロデューサーCRZKNYは、昨年ロッテルダムガバを21世紀にアップデートさせたようなアルバム『GVVVV』(GWD-001)をリリースしたが、それに続く新作は名義をDJ ANACONDAに変えたゲットーハウスサウンドとなる。

サニーデイ・サービスのクリスマスソング"Christmas of Love"が本日リリース

サニーデイ・サービスによるクリスマスソング"Christmas of Love"が本日リリースとなった。

サニーデイ・サービス、曽我部恵一ソロ関連作など50タイトル以上がサブスクリプション配信スタート

サニーデイ・サービスがMIDIよりリリースしたシングル、アルバムなど計26タイトルのサブスクリプション配信が解禁、本日11/21(水)よりSpotifyやApple Musicなど各ストアにて配信が開始されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。