『爆音映画祭2019 特集タイ|イサーン VOL.3』のプレイベントが8月にWWW Xで開催 | 初来日のクン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドやstillichimiyaも出演

3回目となる『爆音映画祭2019 特集タイ|イサーン VOL.3』が、2019年冬に開催されるのを記念し、8/12(日)に東京・渋谷のWWW Xでプレイベントが行われる。

今回のイベントでは、映画『バンコクナイツ』(2016/富田克也監督)でも印象的な演奏をみせたクン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドの初来日が決定。

Khun_Narin_Press_Photo_small_preview

四方八方に向けられた拡声器を耕運機に備え付けた巨大なサウンドシステム。伝統楽器ピンを電気化し、エレキギターのように改造して、打楽器と共にサウンドシステムから爆音で演奏するそのスタイルは、イサーン人の心を捉え、“ピン・プラユック”と呼ばれるようになってイサーン全土に広まっていった。あくまで出家や冠婚葬祭用として演奏している為、タイでもライブ会場などで観ることができないピン・バンドを生で体験できる非常に貴重な機会となる。

国内からは復活を果たしたstillichimiyaをはじめROVOや、日本唯一のピンプラユックバンドMONAURAL MINI PLUG に加え、DJではSoi48も登場する。

Info

mainvisual_small

爆音映画祭2019 特集タイ|イサーン VOL.3 プレイヴェント
〜ピン・プラユック・スペシャル〜
日程: 8月12日(日) 開場/開演 15:45
会場:Shibuya WWWX (渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F)
出演:クン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンド、ROVO、
stillichimiya、MONAURAL MINI PLUG
DJ:Soi48
FOOD:36 chambers of spice、piwang
料金:前売5000円/当日5500円(ドリンク代別 500円)
主催:boid、空族、Soi48 協力:WWWX
助成:国際交流基金アジアセンター
URL: http://bakuonthai2019.com/ ※近日オープン

RELATED

【プレゼント】バスキア誕生の秘密に迫る映画『バスキア、10代最後のとき』の試写会に5組10名様をご招待

NYのストリートから時代の寵児とったNYの伝説的アーティストジャン・ミシェル=バスキアが、名声を得る前に焦点を当てている映画『バスキア、10代最後のとき』が、12/22(土)からYEBISU GARDEN CINEMAなどで公開される。

Thom Yorkeがサントラを制作し話題の『サスペリア』のティザームービーが解禁

『君の名前で僕を呼んで』で映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督による伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』が、来年1月に全国ロードショーされるのを控えて、ティザー予告と場面写真が解禁となった。

【プレゼント】スニーカーをテーマにした映画『キックス』の三宅唱と宮崎大祐によるトークショー付き試写会に5組10名様をご招待

スラムの生活、大人の男になること、スニーカーマニアのカルチャーなど楽しみにと驚きに満ちた世界を描いた映画『キックス』。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。