姫路の新星Shurkn Papによる"Road Trip"のミュージックビデオ | 制作はSpikey John

兵庫・姫路の幼馴染み8人組によるクルーMasionDeで、活動するラッパーShurkn Pap(手裏剣パプ)のEP『Various』から、"Road Trip"のミュージックビデオが公開された。

Shurkn Papは、2013年頃からDJ KoodyとしてDJ活動を行っていたが、2017年から本格的にラッパーとしてのキャリアをスタートさせた。

彼は物心つく前から様々な年代の海外のポップミュージックに慣れ親しみ、また17歳の時に海外1人旅に目覚めこれまでに20ヶ国以上を訪れるなど、様々な文化を目の当たりにしている。

ミュージックビデオが公開された"Road Trip"も、メロウなフロウにヒップホップ、R&Bだけでなくファンクやポップスなど様々な音楽の要素が融合された楽曲となっている。ミュージックビデオはSpikey Johnが制作した。

"Road Trip"も収録したEP『Various』はYouTubeやDatPiffで公開されている。

RELATED

【Waiting Room Vol.1】Shurkn Pap | 旅は始まったばかり

FNMNLで新たにインタビューシリーズ「Waiting Room」がスタート。このコーナーでは、注目され始めたラッパーやアーティストなどをいち早くフィーチャーし、まだ知られていないキャラクターなどを解き明かしていく。

新星Shurkn PapがビートメイカーデュオKNOTTとブリージンなコラボシングル"The WEEKEND"をリリース

Spikey Johnが制作した"Road Trip"のミュージックビデオが話題となっている、姫路の新星Shurkn Papが、ビートメイカーデュオKNOTTとのコラボシングル"The WEEKEND"をSpotifyやApple Musicでリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。