Lil TracyがJuice WRLDをディスし直後に和解

昨年のLil Peep、そして先日のXXXTentacionといわゆるエモラッパーの衝撃な死が続いたが、エモラッパーのニューフェイスといえるJuice WRLDがその二人に向けたトリビュートトラック”Legends”をリリースした。

2人に向けたトリビュートトラック”Legends”をリリースした。“Legends”はLil PeepとXXXTentacionの二人を「伝説」としてその二人の死を嘆くような内容だったが、今回Lil Peepの盟友であったLil Tracyが同曲を発表したJuice WRLDに対するディスを行なった。

Lil Tracyは6月22日深夜、突如「ああ、言ってやるよ。ファックJuice WRLD」とツイート。

Juice WRLDが「俺は自分の道を歩んでいるんだ。友達でもない奴に構っている暇はない」と返信すると、Lil Tracyは中指の絵文字で応戦した。

困惑したLil Tracyのファンたちが意図を問いかけると、Lil Tracyは「Juiceの音楽は好きだけど俺はあいつの成功が妬ましいんだ」とあまりに正直な告白を行なった。

その後二人は和解したようで、JuiceWRLDはLil Tracyに対して「あなたが俺の道を作ってくれた」とリスペクトを表明している。

どうやらこの二人のやりとりは真剣なビーフといったものではなく一種のプロレスのようなものだったようだ。殺伐とした話題が多い近頃のラップシーンだが、平和な着地を迎えてなによりといったところだろうか。

RELATED

【スペシャルフォトレポート】Rolling Loud LA | 世界最大級のヒップホップフェスの熱狂

Rolling Loud FestivalはLil Pump、Ski Mask the Slump God、Smokepurpp、そして20才という若さでこの世を去ったXXXTentacionなど、当時SoundCloudでバズりかけていたマイアミベースのアーティスト達を集結させ、その人気を一気に全米へ押し上げた。

Juice WRLDの“Lean Wit Me”が自身の楽曲を剽窃しているとして十代のアーティストが訴訟を起こす

以前は大ヒット曲“Lucid Dreams”のサンプル使用料を巡る争いに巻き込まれていたJuice WRLDが、またしても新たな訴訟問題を抱えているようだ。

Juice WRLDが自身とガールフレンドの破局を望むファンに「黙れ」と発言

“Lucid Dreams”や“All Girls Are The Same”などエモーショナルな楽曲で大ヒットしたJuice WRLD。失恋などをテーマにした歌詞を多く書いている彼だが、どうやら実生活も楽曲通りになることを望むファンもいるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。