Young ThugとLil Durkのスタジオでの写真がMemeに | 2人が見つめていたものとは

ラッパーのYoung ThugとLil Durkが、スタジオのような場所で真剣な顔で何かを見つめている写真が、いまMemeとなっている。

Twitterにはこの写真を題材にしたツイートが多数出回っている。

実際のところ、この2人は何をしているのだろうか。The FADERがその謎を解き明かしている

まず、写真からはこの2人はスタジオにいて、楽曲を制作していることは容易に想像がつく。しかし、Young Thugはこの写真において何かを操作している。もちろんYoung ThugとLil Durkはラッパーであり、エンジニアではない。それではYoung Thugは何をやっているのだろうか。

その疑問に対し、Young Thugと長い間仕事をともにしてきたエンジニアAlex Tumeyはこう答えている。

「彼とまだあまり仕事をしてなかった頃から、彼はそこまで仲良くないエンジニアに曲の編集について説明するより、自分自身で曲のアレンジを変えるほうが楽だと
気づいていたんだよ。だから、彼はこのとき実際にボーカルを動かして、タイミングを正しく、そして曲のアレンジを調整していたんだと思うよ。彼は音量の操作に関してはものすごく堪能だからね」

実際に2人がなにをしていたのかという疑問は解決したが、なぜこのようにミームになったのだろうか。その大きな理由としては、Young ThugとLil Durkの2人ともが普段からは想像のつかない真面目な顔をしていることがあげられるだろう。特にYoung Thugに関しては、パスポートの写真などクレイジーな表情をするイメージがあるので、この真面目な顔が余計面白く感じられたのかもしれない。

まさか、Young ThugとLil Durkの2人とも、この写真がここまでのミームになるとは予想もしていなかったことだろう。

RELATED

GunnaのマネージャーがCamila Cabelloを知らなかったため“Havana”に参加できなかったことが明らかに

元Fifth HarmonyのCamila Cabelloが昨年リリースしたシングル“Havana”はシングルチャート1位を獲得したことをはじめ、数々の賞を受賞するなど2017年を代表する楽曲の1つだ。この曲にはフィーチャリングでYoung Thugが参加しているが、当初はGunnaが参加する予定だったことが明らかになった。

Young ThugがVirgil Ablohとのインタビューの中で「これまで15000曲をレコーディングした」と発言

Anderson .Paakが「65000曲のストックがある」と発言するなどラッパーたちが作った曲数を盛ることはあまり珍しくないが、今回はYoung ThugがInterview Magazineにて驚異的な数字を口にしている。

Lil Durkが「俺は6ix9ineのようにはSNSを使わない」と語る

今月の頭にリリースした『Signed to the Streets 3』も話題となったLil Durkが、人気ラジオ番組の「The Breakfast Club」に出演。その中で、逮捕が話題となっている6ix9ineに言及している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。