XXXTentacionの追悼式に集まったファンが暴徒化し警察が催涙弾を発射

地元フロリダで銃撃を受け亡くなったXXXTentacion。熱狂的な彼のファンが集ったLAでの追悼式で、参加者が暴徒化し警察が催涙弾を発射する事態になった。

この追悼式はXXXTentacionのことを取り上げてきた人気ポッドキャストNo Jumperの主宰者Adam 22が呼びかけ、LAのメルローズにある彼の運営するショップの外で開催された。

Adam 22の「XXXTentacionを好きだったやつは来てくれ」という呼びかけに応えたのは、なんと1000人以上の人々。

道路を占拠する形となってしまった参加者たちの一部はモッシュを行い、また別の集団は建物の屋上に上りダイブを敢行するなど次第に暴徒化していったとLA Timesが伝えている

さらに参加者は無関係の車の屋根によじのぼり、群がるなど危険な状態に。元々道路の占有許可なども取られていなかったこの追悼式に、通報を受けた警察が暴れる参加者を解散させるために催涙弾やペッパーガスなども使用したという。

またBillboardによればXXXTentacionから暴行を受けた元ガールフレンドのGeneva Ayalaさんは、追悼式に参加しようとしたが、ファンから追い出されたと述べている

警察の出動により参加者たちは午後10時にはほぼいなくなり、幸い逮捕者も出なかったということだ。

RELATED

アメリカの制作会社が故XXXTentacionを演じる俳優を募集中 | XXXTentacionをテーマにした番組を制作中か?

今年の6月にこの世を去ったXXXTentacionを題材にしたテレビ番組をアメリカの制作会社が企画している。それに伴って現在、彼を演じる俳優が募集されているようだ。

XXXTentacionがDVを示唆する発言をしているテープが流出

今年6月に銃撃され、20歳の若さでこの世を去ったXXXTentacion。彼といえば、死後も多くの音源やMVが発表されていることからも分かるように、独特の音楽性や死生観が特徴の1つだったが、生前の数々の犯罪歴もまた彼の特徴の1つであった。

Vic Mensaが故XXXTentacionをBET Awardsでのフリースタイルにて批判

先日開催されたBET Awardsにて、故人ながら「Best New Artist」賞を受賞したXXXTentacion。彼がこの世を去って以来生前の彼を評価する声が多く上がっているが、そんな中常にシーンを冷静な目で批評し続けてきたシカゴのラッパーVic Mensaが、公の場でXXXTentacionを批判した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。