SZAが声帯の負傷から復帰しライブを再開

声帯の深刻な負傷により、一時的に活動を休止していたシンガーのSZAがステージに戻ってきた。

アメリカで開催されたFirefly Music Festivalに出演したSZAは、負傷によるダメージを受けたことを感じさせない歌声を披露し、会場を沸かしたようだ。

Sza #Sza #WorkPerks

Jonathan Tavarezさん(@jaytavarez419)がシェアした投稿 -

SZAは自身のTwitterでこのようにツイートしている。

「ここ数週間の間、私に時間を割いてくれた全ての街の医者やボーカルの専門家に感謝するわ。私は自分の声は永久に傷ついたわけではないこと知り、感謝しているし、復帰するために毎日頑張っているわ。ゆっくりだけど確実にね」とまだ完全復活ではないものの、快方に向かっていることを示唆した。

無事復帰を果たしたSZA、これからは自分の体をいたわりつつ活動を続けていってほしい。

RELATED

Kendrick LamarとSZAが次回作より自由契約になる可能性

言わずと知れた人気レーベルのTop Dawg Entertainment。TDEを代表するアーティストといえばKendrick LamarとSZAの二人がいるが、彼らの作品はそれぞれInterscopeとRCAからリリースされている。そのような状況の中、二人が次のアルバムより自由契約になるとHits Daily Doubleが伝えている。

SZAがニューアルバム『A』が完成したと明かす

今週Kendrick Lamarが所属するTop Dawg Entertainment(TDE)には大きな動きがあった。その発端はIsaiah RashadがKendrick Lamarの新作を聴いたと述べたこと。元々TDEは、今年中にあと2作品をリリースするのを予定しており、ScHoolboy Qの新作とKendrickの新作がその2作に該当するとファンやメディアは色めき立った。

SZAがマリファナ入りのブラウニーを食べてバイト先をクビになった過去を明かす

アルバム『ctrl』がグラミー賞にノミネートされ、楽曲が23億回以上のストリーミング数を記録するなど、アメリカの音楽シーンを代表するスターの一人となったSZA。シンガーになる以前はキャリアウーマンになるのが夢だったとも語っていた彼女が、同じくシンガーになる以前のアルバイトのエピソードを明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。