Sydが自身とOdd Futureのメンバーのセクシュアリティについて語る

The InternetのリーダーでありOdd FutureのメンバーでもあるSydが、Billboardのインタビューに対し自身とOdd Futureメンバーのセクシュアリティについて語っている。

Sydはキャリアの初期から自身のセクシュアリティを明らかにしてきたが、Odd Futereの曲にはホモフォビックな歌詞が多く含まれていたため、当時のメンバーでただ一人自身が同性愛者であることを公表していたSydはメディアとグループとのスポークスパーソンを務めることが多かったという

Sydは当時を振り返って、「Odd Futureをランク付けするとして、私は底の方にいた。誰も私に注意を払っていなかったと思う。」としており、「おかしなことに、そういった歌詞についてのインタビューを読んでみたらそこに居たみんなが同性愛者だった」と語った。

あくまでFrank Oceanのような自らカミングアウトを行なったメンバーのみについてSydは語っているようで、かつてゲイの男性に対する差別用語を頻繁に用いたことで知られるTyler, The Creatorも最近は男性との恋愛についてラップするなどしているが、彼はセクシュアリティについての明確な言及は行なっていない。

Sydはクィアの黒人女性のパイオニアになりたいとしており、「私は男物の服を着るのが好きな女の子や、女性を理想化してそれが間違っていると思って居ない人々をインスパイアしたい」という目標を掲げ、また女性アーティストのが出演するフェスを企画しているということを明かした。

アイコンとしてのSydの活動にこれからも注目していきたい。

RELATED

The InternetのSydがチャリティーオークションを開催 | Vince StaplesやKehlani、Mac Millerも参加

The Internetでボーカルをつとめ、今年はソロアルバムもリリースしたSydがチャリティーオークションを主催するという。

The InternetのSydがRedditに現れ、Odd Futureの活動初期についてなどの質問に回答

今週水曜日、Odd FutureのSydが掲示板『Reddit』にて、「Hey it’s Syd(やあ、Sydだよ)」と名乗り登場し、ファンたちの質問に答えた。

The InternetのSydが新作EP『Always Never Home』をリリース

今年ソロデビューアルバム『Fin』をリリースしたばかりのThe InternetのメンバーSydが3曲入りのEP『Always Never Home』を、本日リリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。