soakubeatsのセカンドアルバム『Crude』が8月にリリース決定 | Dekishi、Onnen、Minchanbaby、Jin Dogg、dodo、入江陽、徳利などが参加

自身のレーベル粗悪興業を主宰し、2012年にデビューアルバム『Never Pay 4 Music』をリリースしたsoakubeats。その後DekishiやOnnen、Minchanbabyなどの作品を手がけつつ、6年ぶりとなる2ndアルバム『Crude』を8/22(水)にリリースすることが決定した。

初期衝動とユニーク、そしてユーモアで構成された1stから6年、『Crude』には粗悪興業メンバーであるDekishiやOnnenをはじめ、Minchanbaby、入江陽、dodoと過去にコラボしたアーティストの名前も。さらには初共演となる徳利、Young Celeb Sicala、Jin Dogg、NALLY、SAINT MELO、TENG GANG STARRの計11組が参加している。

エンジニアは前作と同様llicit Tsuboiが、The Anticipation "Mad" Illicit Tsuboi名義で参加している。よりソリッドにかつ狂気のままに進化させたsoakubeatsの集大成が詰め込まれている。

Info

アーティスト : soakubeats(粗悪ビーツ) (ソアクビーツ)
タイトル : Crude (クルード)
レーベル : 粗悪興業
発売日 : 2018年08月22日(水)
品番 : soaku-0002
仕様 : CD
税抜価格 : 2,000円
バーコード : 4526180455806

収録曲
01. 神秘学概論 feat. Dekishi
02. Wally feat. 入江陽
03. Elaiza feat. 徳利
04. Back to Kawasaki feat. Dodo
05. Say My Name feat. Young Celeb Sicala
06. Fall feat. Jin Dogg
07. No Limit feat. NALLY
08. Day by day feat. SAINT MELO
09. Money feat. Onnen
10. Leave Me Alone feat. Onnen, Minchanbaby
11. Dusty feat. Dekishi
12. 鬼火 feat. TENG GANG STARR
13. Die Horn feat. Dodo

RELATED

徳利が12月にリリース予定の1stアルバムから"DOWN"を公開

福岡生まれのラッパーで、2012年にリリースした"徳利からの手紙"がカルトヒットとなった徳利。先日ミュージックビデオが公開された粗悪ビーツの"Elaiza feat.徳利"に続き、"DOWN"をリリースした。

粗悪ビーツのニューアルバム『Crude』から徳利をフィーチャーした"Elaiza"のミュージックビデオ

明日リリースの粗悪ビーツのニューアルバム『Crude』から、ON AIRのメンバーの一人でラッパーとしても活動する徳利をフィーチャーした"Elaiza"のミュージックビデオが公開された。

粗悪ビーツの最新作『Crude』からNALLYをフィーチャーした"No Limit"が先行公開

プロデューサーの粗悪ビーツによる6年ぶりとなる自身名義のアルバム『Crude』が、10/24(水)にリリースされる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。